初めての一眼レフ、ミラーレスカメラに!カメラ用品・アクセサリ必需品、初心者が買うものまとめ

  1. 2014.07.12

DSC_9365

初めてカメラを購入したらさっそくアクセサリが欲しくなりますね!

カメラバッグにストラップ。カメラ、レンズを保護するアクセサリも外せないアイテムです。お財布と相談にもなってしまいますが、カメラにどんなアクセサリをつけるか悩むのは非常に楽しい贅沢な悩みですね!

今回は、初めてor新しいカメラを購入した時に、買っておきたいカメラ用品やアクセサリ、こんなアイテムもあるんだなってものをいろいろまとめていきたいと思います!

一眼レフ・ミラーレスカメラボディ用

液晶保護シート、液晶保護ガラス

P1130077

何はともあれ転ばぬ先の杖「液晶保護シート」です。最近はより透明度の高い「液晶保護ガラス」がいいでしょうか。

液晶保護シートならKenkoのシートを愛用していますが、傷がつきにくく、反射を抑える働きもあるので便利な逸品です。よほど強く引っかけなければ傷はつかないので、長く使えて安心です。一眼レフで右肩液晶があるカメラの場合はそれ用の保護シートも入ってるタイプもありますね。

 

ストラップ

DSC_0036-2

メーカー付属のストラップはつけない派です。せっかくのカメラならストラップも自分に合ったものを購入してカメラを楽しみたいですね!デザインに富んだストラップや、使えば使うほど味のでる本革製のストラップ。便利なスライド式の速射ストラップ。ショルダータイプやリストタイプなど様々な種類のストラップが販売されています。是非自分にあったストラップを探してみてください!

 

予備バッテリー、予備充電器

カメラにもよりますがミラーレス機は常時ディスプレイを使用するために消費電力が高く、小型なバッテリーを搭載しているのでバッテリーが切れやすくなっています。特に旅行に行く場合など予備のバッテリーはあるに越したことはありませんね。

スペアも純正バッテリーが好ましいですが、値段がとても高いのが玉に瑕です。互換バッテリーは実際に使える時間が短かったり、たまにカメラ本体に認識されない初期不良などの問題もありますが、それ以上に価格が安いのが魅力的。昨今では技術の向上なのか不良率も下がって来ています。

互換バッテリーを購入するときはROWA、Newmowaなどの、ある程度実績があるバッテリーで、レビューがしっかり残っているものをおすすめします。

 

SDカード(記録媒体)

写真を記録するためにはSDカードなどの記録メディアが必須です。

最近であれば高速なSDカードも価格が安くなってきました。1日でどれだけ撮影するかにもよりますが、JPEGだけの撮影であれば8~16GBで十分かと思います。もしRAWで撮影するのであれば最低でも16GB、それでも旅行の場合には心もとないので32GBは合ったほうがいいと思います。

ほどほどの容量で複数枚で運用する

それなら容量は大きければいいの?ということにもなりますが、容量が大きいSDカードを1枚で管理すると、故障した時や、紛失した時のダメージが大きすぎるので、ほどほどの大きさを複数枚で運用するのがおすすめです。

連写をする場合は高速で大容量なSDカードが必須

また連写をする場合は高速なSDカードでなければ、次の撮影時に待ちが発生してしまい、シャッターチャンスを逃してしまいます。そうはならないようにカメラの機能を活かせるSDカードを購入しましょう。

私が愛用しているメモリーカードはトランセンドさんの以下のメモリーカードです。速度と価格のコストパフォーマンスが良く、いままでトラブルも一度もなく、信頼性抜群なメモリーカードです。

 

レンズ用

レンズ保護フィルター

海外の安すぎる商品だと枠が太かったり、画質に影響を与える可能性もありますので無名のメーカーは避けましょう。KENKOやMARUMI、HAKUBAといった日本メーカーなら安心です。カラフルな保護フィルターもおすすめです!

最近であれば、防汚、撥水タイプのプロテクター用レンズフィルターの価格も随分と下がってきました。レンズフィルターが撥水タイプであれば清掃時の拭きムラを防ぐことができるので清掃も楽に行なうこともできます。

 

私がテストしたものはNDフィルター、PLフィルターですが、有名メーカー以外で安物を購入すると画質などにも影響します。気をつけましょう。

 

ボディ・速射ケース

ミラーレスなどの小型カメラはボディケースをつけるとかっこいいです!

小型なカメラは握りにくいことも多いのでホールド感のアップや落下時の衝撃吸収にも一役買ってくれる優れものです。最近はPUレザーのものでも質が高いので侮れない製品です。カメラ名とボディケースで調べてみましょう。

 

カメラバッグ、インナーケース

カメラバッグ

P1120795

カメラバッグも専用に購入するのか悩むところだと思います。

カメラバッグのメリットとしては、カメラ用に設計されているためにクッション性が高い。バッグによっては撥水素材、シーリングされたファスナーなど雨対策がされていたり。基本的にバッグ内にしきりがあるので、複数のレンズ、機材を持ち歩きやすくできています。

最近であればデザイン製の優れた、たくさんの機材の入るザック型が多くなってきた印象です。前後の移動が楽で取り出しやすく、レンズ交換のしやすいショルダー型、大きく開いて見渡せるトート型などなどメーカーによっても特長はまちまちとなっています。

せっかくのカメラなら、お気に入りの鞄で持ち運びしたいですね!じっくり選びましょう!

 

インナーケース

カメラバッグを持たない場合、普通のバッグの中に入れる用のクッションボックスが販売されています。カメラと複数のレンズを持ち出す場合におすすめです。以外と大きく分厚いものもあるのでサイズに注意です。

私愛用のインナーケースは「MemoGraph」さんのインナーケース。特に一眼レフなどの大きめの機材の方におすすめです。巾着タイプで撥水素材。クッションも分厚く柔軟に対応できます。

 

カメララップ、ラッピングクロス

手持ちのバッグに入れるならラッピングクロスもおすすめ。レンズを持ち出す必要がなければ、くるっと包んで鞄に詰め込むだけで十分です。

 

裸で持ち出す

さっと出せてさっと撮れる究極のスナップシューター。バッグによってはありな選択肢です。自己責任です。

 

クリーニング・保管グッズ

レンズペン

レンズの清掃なら「レンズペン」がおすすめです。ペンタイプの両端に「レンズ清掃用のチップ」と「ブラシ」が付いており、レンズの清掃時にはささっと掃いて、きゅきゅっと拭くだけ!日々のメンテナンスや持ち運びに非常に重宝します。ボディはタオルで拭けばいいですがレンズの掃除は若干デリケート。おすすめのグッズです。

 

防湿庫・ドライボックス

20150513-P1120389

カメラにレンズは湿気が大敵です。頻繁に使っていれば太陽光に当たるのでカビないのですが、機材、レンズが増えてくると長期的に使わない道具もあるかと思います。そんなときに役立つアイテムです。クリーニングセットとドライボックスが入ったセットなどもありますので最初はセットで購入すると楽だと思います。

 

ドライボックスに関しては下記ページでまとめていますので参考までに!

カビについてもまとめています!

 

その他のグッズ

タブレット(写真の現像、加工、写真ビューアー)

個人的には必須アイテムのタブレット。特に大きさとスペックの両立でiPad mini 4が大活躍しております!

外出時にRAWファイルを取り込んでささっと現像したり、加工したり。撮影した写真をみんなで見せ合ったり。画面がキレイだと写真を見る時のテンションも上がりますね!

 

今回のまとめ

初めてといいつつ並べてみると、結構なボリュームになってしまいました。

私自身これだけ買っていることにちょっと驚きつつですが、これをまとめて買うのはとても大変だと思います。ただ、ここに並べたアイテムはカメラライフを充実させるために、こつこつ揃えて間違いないアイテムです!じっくり揃えて行きましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterでフォローしよう!


カメラなぜなにアンケート

週間人気ランキング

ご要望、不具合報告、まとめページのリンクについてはこちらよりお問い合わせください。