激安のND、PLフィルターって使えるの?「K&F Concept」製、6種類入って3,000円台で買えるフィルターセットを試して比較してみる

20160730-DSC_9478

今回は、先日のAmazonプライムデーでセールだった「K&F Concept」というメーカーのフィルターセットを試してみようと思います。

 

「K&F Concept 77mmフィルターキット」の内容物は、

  • ND2フィルター
  • ND4フィルター
  • ND8フィルター
  • CPLフィルター
  • UVフィルター
  • FLDフィルター
  • 77mmフィルタケース
  • クリーニングクロス
  • 花形レンズフード
  • レンズキャップ

フィルターは全て薄型だったりと盛りだくさんの内容です。現在のAmazon価格で77mmフィルターが¥3,211(2016年7月)になります。

 

定番メーカー製の「NDフィルター」や「PLフィルター」は、薄型でなくても1枚3,000円程度が最低ラインになるくらいに高価です。それが薄型フィルターのセットで3,000円を切る激安価格で使用できれば勧めやすくなりますね。

 

レビューを見ると、ハイアマチュアクラスっぽい人が散々なレビューを書いていますが、実際にどの程度使えるのかどうかを見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

NDフィルターを使用、比較してみる

20160730-DSC_9435

ベースの写真は、「F/11, SS 1/400, ISO400, WB太陽, フィルターなし」で撮影しています。

 

三脚のプレートを忘れてしまったのでISO感度を上げてND装着時にブレないように撮影しました。

 

ND8

Kenko NDフィルター PRO ND8

20160730-DSC_9435-Edit-2

ND8のフィルターを持っていなかったので、一番安かったケンコー製のフィルターも購入してみました。

 

若干色味が浅く、赤みが増している気がしますが自然な発色だと思います。一番安いラインアップでこのレベルなので安心して使えそうです。

 

K&F Concept ND8

20160730-DSC_9435-Edit-3

ライブビューを見た時点ですでにおかしかったのですが…、青いです…。プリンターでインクがなくなって印刷されたような色になってしまいました…。ホワイトバランスで修正。といったレベルを超えていると思います。

 

別のフィルターを間違えてつけちゃったかな?と、再度確認しましたが間違いなくNDフィルターです。

 

また、中央部は輝度差もそこまでありませんが、周辺の減光が激しくなっています。さすがにちょっと使えませんね…。この手の激安フィルターは解像度にも影響しますが「K&F Concept」のフィルターも例に漏れず、解像度に関してもわずかですがぼやけてしまいます。等倍にして比較しないと分からない程度なのでWeb用ではさほど気になりせんが。

 

以下、他メーカーの持ち合わせがないので「K&F Concept」製と未装着時の写真の比較になります。

 

ND4

K&F Concept ND4

20160730-DSC_9486-Edit-4

青いですね。

 

ND2

K&F Concept ND2

20160730-DSC_9486-Edit-3

薄くなりましたが、やっぱり青いです。でもND2なら許容範囲…、って思いましたがND2はシャッタースピード1段分。使う機会はなさそうです…。

 

CPLフィルターを使用、比較してみる

この時点でやらかしてくれてたので、次はどんだけ斬新なものを見せてくれるんだろうかとうきうきしながら「PLフィルター」を比較していきたいと思います。

 

MARUMI DHG スーパーサーキュラーP.L.D

20160730-DSC_9455-Edit

こちらは定番のマルミ製です。

水面の反射をぎりぎりまで消してみました。コントラストが高く鮮やかな写真になりましたね!色もどちらに転ぶこともなくナチュラルな発色だと思います。

 

K&F Concept CPL

20160730-DSC_9455-Edit-2

同じく反射を消してみました。コントラストもそこそこ高く、発色もナチュラルですね。NDフィルターを見た後だとある意味期待はずれですが、これは使えそうです。

 

MARUMI製とK&F Concept製を比較してみる

20160730-DSC_9455-Edit-3

MARUMI製のCPLフィルターと比較してみました。

はっきり分かりますが、MARUMI製の方が色が鮮やかですね。K&F Concept製のものでもPLフィルターとしての機能は問題なさそうです。

 

20160730-DSC_9455-Edit-Edit

等倍で確認すると、残念ながらわずかですがぼやけているのが分かると思います。

 

UVフィルター

20160730-DSC_9486-Edit-2

UVフィルターは紫外線をカットするフィルターです。フィルム時代はフィルムが紫外線を受けて感光してしまうために重宝されていましたが、レンズ側のコーティングで紫外線をカットするようなったことに加えて、デジタル化に伴い必要がなくなったため、レンズ保護意外に特に意味はないものです。

 

商品説明でも保護フィルターを兼ねる。といった記載がされていました。

 

20160730-DSC_9486-Edit-2-Edit

等倍でみると、ほぼ透明なUVフィルターですらわずかですがぼやけてしまっています。

 

FLDフィルター

20160730-DSC_9486-Edit-2-2

FLDフィルター。おそらくFL-Wフィルタです。蛍光灯の緑かぶりの補正ですがデジタルでほとんど聞きません。入れる意味があったのか気になります。

 

今回のまとめ

今回の商品は正直なところ「買っちゃダメ」な商品でした。

ほぼ透明のUVフィルターですらぼやけてしまうので保護フィルターとしてもいまいちです。フィルターはどれも質がよくありませんね。

 

PLフィルターと単品で¥1,668のフィルターケースはなんとかってところですが、肝心の3種類入っているNDフィルターがほとんど使い物にならないため、本当にお試しでそれぞれのフィルターの使用感の確認程度でなければ、せっかく撮影した写真が残念なことになってしまいます。

 

安いから、初心者だから、入門用。といった購入動機がレビューで散見していましたが、質が悪いものを使用して、こういうものだと思うのが怖いです。やはり定番のケンコーかマルミのフィルターを購入しましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カメラなぜなにアンケート

撮影スポット

現在ベータ公開中です。
ご要望、不具合等ございましたらこちらよりお問い合わせください。