sRGB 100%!写真ビューアーに使えるタブレットの大本命。『Kindle Fire HDX』

20131223_1

Kindle Fire HDX 7 タブレット

写真好きとガジェット好きとが合わさると、どこでもタブレットと連携して自分で撮った写真を見たり、公開したい欲が出てきます。スマートフォンだと小さいので写真のビューアー代わりにタブレットを持ち歩く方も増えたのではないでしょうか?

そんな中、とうとうsRGB 100% 対応を謳うタブレットが発売されました。

昨今十分な画質のタブレットが多く発売されていますが、高精細化は進めど、やはりカタログスペック上の魅力としてのアピール力と、管理の難しさからか、カラーに対しては一歩引いておりました( ちなみに iPad mini Ratina は sRGB 63% )。中華タブレットも解像度こそいいものの見れた画質ではなかったり…。

そして、マイクロSDカードのスロットこそないものの、Eye-Fiカード用のアプリなども展開されているので、事前に調べれば簡単にダイレクト転送することも可能です。

写真ビューアーとしての『Kindle Fire HDX』のいいところ

  • sRGB 100%
  • 凄く軽い( 7inch 303g : 8.9inch 374g : iPad mini Ratina 331 g )
  • よく持つバッテリー( 7inch 最大11時間 : 8.9inch 最大12時間 )
  • 安い

写真ビューアーとしての『Kindle Fire HDX』の悪いところ

  • SDカードスロットがない
  • 通常のAndroidアプリが使えない

 

いかがでしょうか?Androidアプリが使えないもののKindle ストアにいけば、厳選されたアプリがインストールできます。定番の QuickPic や Flicker アプリもありますので、個人的には十分です。タブレットを写真ビューアーの選択肢に考えているのであれば是非検討してみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterでフォローしよう!


カメラなぜなにアンケート

週間人気ランキング

ご要望、不具合報告、まとめページのリンクについてはこちらよりお問い合わせください。