Kindle Fire OS 4.0 のCloud Drive『写真容量無制限』はカメラアプリだけの残念仕様

141017_fireos4_clouddrive

今回の『Fire OS 4.0』のアップデートで一番気になる部分だった『写真の容量無制限』。一番気になる部分でもあったので早速ですが検証してみました。

上記の画像には『Fireタブレットで撮影した』と書かれていますが、カメラ以外の写真もKindle経由ならいけるんじゃないないか!と勝手な期待をしてみました。

結論は『カメラアプリ』で撮影した写真のみ

結論から言うと。『Fire HD 6』の『カメラアプリ』で撮影した写真だけしかアップされませんでした…。

さらに予想を上回る残念仕様で、そもそもカメラアプリ以外での『Cloud Drive』へのアップ方法が見当たりません。Eye-fi経由で保存された写真はもちろんのこと、標準で付属されている写真アプリで加工した画像や、スクリーンショットを撮ってもアップされませんでした。

ディレクトリが見れるアプリを使用し、カメラの写真が保存してあるディレクトリに別の写真をコピーしてもだめでしたのでこれ以上やったところで無駄かなと諦めました。

『Cloud Drive』には最初から5GBが割り当てられていますが、200万画素のカメラで撮った写真ならそれこそ範囲内でも撮り放題ですね…。

だめでもともとではありましたがちょっと残念でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterでフォローしよう!


週間人気ランキング

ご要望、不具合報告、まとめページのリンクについてはこちらよりお問い合わせください。