冬でも撮影したい!カメラグローブ、指だしできるミトン手袋まとめ

関東にも寒波が押し寄せ、何やら今年は世界的に寒いとか。地球温暖化なんぞどこ吹く風の昨今ですがどういったカメラライフをお過ごしでしょうか?

冬場に北風が吹く中でカメラを構えていると指先が動かなくなり細かい操作が億劫になりがちですね。そんなときにはやはり手袋着用で撮影をしたいですが、普通の手袋では厚手で操作をしにくかったり、つるつるしてダイアル操作を失敗しがちです。

今回はそんな寒い冬の撮影で使えそうな手袋をカメラ用は問わずに探してみました!

 

 

現在の私の装備

現在使っているのがこちらの手袋です。メインでMilletのミトンのグローブ、サブにモンベルのメリノウールの薄手の手袋になります。

色々使った結果、ミトンのグローブが一番指を出しやすく、撮影に適していると思いました。ミトンの手袋であれば、寒かった場合に薄手の手袋をインナーに組み合わせることもできるので自由度も高くおすすめです。

 

Milletのグローブはゴアのウインドストッパーが使われているので防風効果が高いものになっています。柔らかなフリースのような素材でつけ心地も良く、これ単体で東京近郊であれば冬場の朝方の気温でも大丈夫です。保温性能が高い訳ではないので、氷点下の環境や風が強い時はインナーグローブと組み合わせることで冷気を防ぐことができます。とはいえインナーグローブは待機中や気温が氷点下になった場合にしか使っていないので、そう頻繁に出番は訪れません。

こちらのミトングローブは既に廃番になってしまっていますが、少し高いですが同様のものマムートから販売されています。

 

こちらは過去に愛用していた無印のミトン手袋です。ミトンはこうやって出せる指を選べるのがポイントです。これにインナーグローブをあわせても良いので、本格的な冬山登山じゃない限りはカメラ用にはミトン手袋が最高だと思っています。

 

冬場の撮影に使えそうな手袋探してみました

 

MAMMUT(マムート )

先程も紹介しましたが、アウトドアブランドMAMMUT(マムート )のミトンタイプのグローブ「MAMMUT グローブ シェルター」です。GORE WINDSTOPPER素材が採用され防風効果が高く、手の甲に貼られた柔らかい合皮が使いやすく、随所にアウトドアメーカーとしての工夫が凝らされたグローブです。写真家のためのカメラグローブとして最有力でしょうか。

以前のモデルですがOKPさんのブログで詳しく解説されています!

 

Millet(ミレー)

アウトドアメーカーとしては定番の「Millet(ミレー)」さんのミトングローブ「EXPLORATION WDS MITT」です。こちらもGORE WINDSTOPPER素材を採用し、MAMMUTと似た商品ですが比べるとややお安いです。フラップの留め具がマグネットなのが好きなポイントです。デザインの主張も控えめで街用に使いやすいミトングローブです。現在愛用中ですが、残念ながら廃番となってしまいました。

 

MATIN

ETSUMIが代理店をしているMATIN社のカメラグローブです。モデルが新しくなったようで評価もなかなか。ミトンタイプに、親指の蓋を開いた時に抑えておけるマジックテープ。グローブを外しためのプルループ、手のひら部分にも滑り止がついているなど機能が人通り揃っているので使い勝手もよさそうです。

MATIN社のカメラグローブは「広く浅くときどき深く」さんで詳しく解説されていました!

 

freehands

アメリカの「freehands」さんの手袋。いろいろ調べましたが、こちらが一番品数が豊富でした。惜しいのは日本では正式な取扱い店がないことでしょうか。

 

mont-bell(モンベル)

日本のアウトドアブランド「モンベル」さんの指出しミトン手袋。同じくGORE WINDSTOPPER素材ですが、さらにお値段据え置きです。フラップの留め具や、着脱に便利な紐がついていなかったりと上2つとは機能的にはやや見劣り。

こちらはフィッシンググローブ。カメラ用ではないですが、人差し指、中指、親指が出せるのでしっかり使えそうなグローブです。

モンベルのフリースミトングローブ。

「クリマバリア フィッシンググローブ」をTKLさんのブログで詳しく解説されていました!

 

ミズノ

日本のスポーツブランド「ミズノ」の指出しミトン手袋「ブレスサーモ ウィンドストッパー 2wayミトン」。こちらもお値段据え置き。昔は野球でお世話になりました。

 

アウトドアリサーチ

アウトドアメーカーの指出しミトン手袋「Gripper Convertible Gloves」。こちらもGORE WINDSTOPPER素材で出来ており、フラップがマグネット仕様のタイプです。

 

Lowepro

Loweproさんのまさに『フォトグローブ』です。やはり正しい姿は人差し指、親指と滑り止めですね。S,M,Lのサイズ展開。手頃な価格もグッドです。

 

Kenko

Kenkoのカメラグローブ。人差し指と親指を出すことができます。手袋の折り返した指先部分は面ファスナーで固定できるようです。以前はカラフルな色で展開していましたが黒一色になっていました。

 

AXESQUIN(アクシーズクイン)

アウトドアブランド「AXESQUIN」のグローブです。名前が「ユビ、デル、グローブ」とそのまんまな名前が面白いですね。防風透湿フィルムを挟んでいるので防風効果も期待できそうです。

 

無印良品

無印良品はカメラやアウトドア向けではまったくないですが、親指、人差し指が出せて、街中ではミトンがとても暖かくて使いやすいです!カメラを首から下げておけば滑って落とす心配もないですね。

こちらは無印良品のミトン手袋をチョイスしたときの記事です!

 

Nikon

ニコンが販売している限定のフォトグラファーズグローブ。インナーと、寒冷地でも大乗なアウターグローブが販売されているようです。ニコンを信じましょう。

 

AquaTech(アクアテック)

カメラを水中で使用するカメラハウジングケースをメインに販売しているアクアテックさんのカメラグローブ。オリエンタルホビーさんが代理店のようです。

 

今回のまとめ

本格的なグローブが多く、機能的な手袋であればGORE WINDSTOPPER素材を使ったアウトドアメーカーのグローブが防風効果も高く間違いない選択肢です。カメラを使うのであれば指先の感覚はとても大事なのでいいグローブをおすすめします。

冬場は空気が澄んでいて風景撮影にはもってこいの季節。自分にあった手袋が見つかれば幸いです。それでは良い写真ライフを送ってください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterでフォローしよう!
Youtubeもはじめました!


週間人気ランキング

ご要望、不具合報告、まとめページのリンクについてはこちらよりお問い合わせください。