「DxO Optics Pro 9」RAW現像ノイズ除去比較テスト。噂のPRIME機能を試してみる

10778734353_9e5211f7cb_b

普段はLightroom 5で現像していますが、ノイズ機能は3からあまり進化がありません。

先日発表された 『DxO Optics Pro 9』 は、新たに『PRIME』と呼ばれる、時間が恐ろしくかかる代わりに綺麗にノイズを除去できる機能が搭載されました。

そこで公式ページからデモ版がダウンロードできるので、噂のPRIME機能を実験して見たいと思います。

基本的にノイズに弱いほうが結果がよくわかるので Nikon 1 V1 で撮影した写真でテストしていきます。

掲載順に、

  • 1.Nikon View NX そのまま現像(ほぼ撮って出し)
  • 2.DxO Optics Pro 9 標準設定
  • 3.DxO Optics Pro 9 PRIME

での書き出しとなっています。現像時のパラメーターはいじっておりません。

以下比較です。
各写真はリンク先のFlickrから等倍で表示できます。切り替えて試してみてください。

CASE1

1.ISO800 Nikon View NX 処理時間 数秒

DSC_1669_352_lr

2.ISO800 DxO Optics Pro 9 標準設定 処理時間 1:03

DSC_1669_DxO

3.ISO800 DxO Optics Pro 9 PRIME 処理時間 2:11

DSC_1669_DxO_prime

三つの写真を拡大して、比較してみるとよくわかりますが、ViewNXはカラーノイズが目立ちます。

『DxO Optics Pro 9 標準設定』でもかなり優秀ですが、PRIMEはさらに良くノイズが消えています。若干ディテールが失われ、塗り絵のようになってしまうのが気がかりですが、等倍で見なければ全然問題ないですね。縮小画像でも電灯や、信号の光が滑らかに見えます。

case_1_compare

CASE2

1.ISO800 Nikon View NX 処理時間 数秒

DSC_1675_353_lr

2.ISO800 DxO Optics Pro 9 標準設定 処理時間 0:44

DSC_1675_DxO

3.ISO800 DxO Optics Pro 9 PRIME 処理時間 1:40

DSC_1675_DxO_PRIME

右側ビルの 凸凹がどこまで残るかと思いましたが、驚きの凸凹です。

いや、これすごくないですか?

case_2_compare

CASE3

1.ISO2000 Nikon View NX 処理時間 数秒

DSC_9703_357_lr

2.ISO2000 DxO Optics Pro 9 標準設定 処理時間 0:36

DSC_9703_DxO_2

3.ISO2000 DxO Optics Pro 9 PRIME 処理時間 1:34

DSC_9703_DxO_PRIME

右の花は艶感が戻ってきて綺麗になりましたが、花びらの細かい陰影は残念ながら消えています。また、左奥のボケに階調がなくなり、色の階層がはっきり見えてきてしまいます。
気にならないっちゃあ気にならないです。パラメーターを追い込めば十分見せれる写真になりそうです。

case_3_compare

case_3_2_compare

CASE4

1.ISO2500 Nikon View NX 処理時間 数秒

DSC_0223_358_lr

2.ISO2500 DxO Optics Pro 9 標準設定 処理時間 0:46

DSC_0223_DxO

3.ISO2500 DxO Optics Pro 9 PRIME 処理時間 1:51

DSC_0223_DxO

飲めたもんじゃなさそうなビールが、美味しそうなビールに生まれ変わりました。

テーブルクロスの細かい模様も残っています。

case_4_compare

CASE5

1.ISO800 Nikon View NX 処理時間 数秒

DSC_1038-2_356_lr

2.ISO800 DxO Optics Pro 9 標準設定 処理時間 0:37

DSC_1038-2_DxO

3.ISO800 DxO Optics Pro 9 PRIME 処理時間 2:10

DSC_1038-2_DxO

夜景がつるつるになりました。 窓もつるつるです。

case_5_compare

CASE6

1.ISO800 Nikon View NX 処理時間 数秒

DSC_1051-2_355_lr

2.ISO800 DxO Optics Pro 9 標準設定 処理時間 0:41

DSC_1051-2_DxO

3.ISO800 DxO Optics Pro 9 PRIME 処理時間 1:41

DSC_1051-2_DxO_2

アスファルトのざらざらがなくなってしまうんじゃないかと思いましたがちゃんと残りました。すごいです。

道路の奥の部分は、さすがにしょうがないと思います。

case_6_compare

CASE7

1.ISO3200 Nikon View NX 処理時間 数秒

DSC_1266_354_lr

2.ISO3200 DxO Optics Pro 9 標準設定 処理時間 0:41

DSC_1266_DxO

3.ISO3200 DxO Optics Pro 9 PRIME 処理時間 2:02

DSC_1266_DxO_2

1inchセンサー禁じ手。ISO3200で撮影した写真もこの通り。

case_7_compare

いかがでしたでしょうか?

正直私が一番びっくりしておりますが、細かい描写でもディテールがよく残り、自然な色のままノイズを除去してくれます。

ただPRIME機能は確かにすばらしいですが、とにかく処理時間がかかります。

私の環境。Mac miniのCore i7、メモリ16GBでも、Nikon 1 V1 の1,010万画素のノイズを除去するのに平均2分程度かかってしまいました。

それよりも遅い環境はもちろん、高画素になればなるほど時間がかかります。

それでも、綺麗な写真が出力できるのであれば越したことはないかもしれませんね!

過去の失敗写真なんかを引張りだして現像してあげると、また新しい視点が生まれるかもしれません。

公式ページから、一ヶ月使えるデモ版がダウンロードできるので、ぜひ使用してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterでフォローしよう!


週間人気ランキング

ご要望、不具合報告、まとめページのリンクについてはこちらよりお問い合わせください。