オリンパス OM-D E-M5 Mark II vs E-M5 機能比較。E-M5 Mark II からみる旧機種との違い

  1. 2015.04.23

olympus_E-M5_Mark2_vs_E-M5_1

 

今回はオリンパスから2015年2月に発売されたオリンパスミラーレス一眼の上位シリーズ “OM-D” の中級機 “OM-D E-M5 Mark II” と “OM-D E-M5” の機能を比較していきたいと思います!

 

“OM-D E-M5” シリーズはマイクロフォーサーズセンサーを搭載し、クラシックな外観と防塵防滴ボディに5軸手振れ補正を引っ提げて世に出たベストセラー機種。前機種 “OM-D E-M5” は2012年3月に発売されましたので、約3年ぶりのリニューアルとなります。

 

発売日、位置付けはそれぞれ下記となっています。

 

製品名 NewOM-D E-M5 Mark II OM-D E-M5

 

 

発売時の価格 \110,000 \105,000
メーカー オリンパス オリンパス
発売日 2015年02月20日 2012年03月31日
位置付け OM-D 中級機 OM-D 中級機

 

それでは、前機種 “OM-D E-M5 Mark II” と “OM-D E-M5” と機能を比較していきたいと思います。

 

 

主な仕様を比較する

画像処理エンジンは”TruePic VII”。ローパスレスによる解像感の向上

“OM-D E-M5 Mark II” ではOM-Dのフラグシップ機 “E-M1” で搭載されている画像処理エンジン”TruePic VII”を搭載したことで、画質、高感度耐性が向上しています。また、ローパスフィルターレスとなることで解像感も向上しています。

 

AF追従の連写性能が約5コマ/秒へ。連続撮影枚数はカード容量いっぱいまで!

“OM-D E-M5 Mark II” では連写性能が向上し、AF追従の連写性能が約5コマ/秒へ。AF固定時は約10コマ/秒となりました。また連続撮影枚数が、SDカードの容量いっぱいまでとなり、高速連写を継続して行うことで決定的な瞬間を捉えやすくなりました(※SDカードの書き込み速度に注意)。

 

シャッタースピードは1/8000、電子シャッターによるハイレゾ・静音撮影にも対応

“OM-D E-M5 Mark II” では、シャッタースピードが1/8000となり、明るいレンズを使用した日中での撮影も容易となりました。また、シャッタースピードが1/16000の電子シャッターも搭載され、メカシャッターを使わない静音撮影や、8枚のショットを自動合成する4,000万画素相当の”ハイレゾショット” も搭載。RAWにも対応しています。

 

 

製品名 NewOM-D E-M5 Mark II OM-D E-M5
仕様
マウント マイクロフォーサーズマウント マイクロフォーサーズマウント
ボディ外装 マグネシウム マグネシウム
画像処理エンジン TruePic VII TruePic Ⅵ
画素数
有効画素数
1,720 万画素
有効 1,605 万画素
1,720 万画素
有効 1,605 万画素
映像素子:企画
映像素子:サイズ
映像素子:種類
フォーサーズ
17.3 ~ 13.0
4/3型Live MOS センサー
フォーサーズ
17.3 ~ 13.0
LiveMOS
アスペクト比 1.33 (4:3) 1.33 (4:3)
画素ピッチ 3.8 μm 3.8 μm
防塵対応 スーパーソニックウェーブフィルター(SSWF:超音波防塵フィルター) スーパーソニックウェーブフィルター(SSWF:超音波防塵フィルター)
ローパスレス
ISO感度 200 ~ 25600
[拡張感度 : 100 ~ 25600]
[ISOオート : 100 ~ 25600]
200 ~ 25600
[ISOオート : 200 ~ 25600]
記録フォーマット JPEG
RAW(12bit)
MPO
JPEG
RAW(12bit)
MPO
連写性能 5.0 3.5
連続撮影コマ数 RAW : カード容量一杯まで
JPG : カード容量一杯まで
RAW : 20
JPEG : 70
シャッター形式 フォーカルプレーンシャッター/電子シャッター フォーカルプレーンシャッター
シャッタースピード 1/8000 ~ 60 1/4000 ~ 60
電子シャッター 1/16000 ~ 60 1/4000 ~ 60
静音撮影
シャッター方式 / シャッター速度 電子シャッター / 1/16000~60秒
低振動撮影
シャッター方式 / シャッター速度 電子先幕シャッター / 1/320~60秒
ハイレゾショット
解像力 4000万画素相当(撮像センサーをずらしながら8回撮影して自動合成)
【JPEG】7296×5472
【RAW】9216×6912
シャッター方式 / シャッター速度 電子シャッター / 1/8000~8秒
DxOMark Raw画質評価
総合評価 73 71
ポートレイト (色深度) 23.0 22.8
風景(ダイナミックレンジ) 12 12
スポーツ(限界ISO感度) 896 826

 

ボディ内手振れ補正を比較する

約5段の手振れ補正!5軸手ぶれ補正が進化!

従来4段の手振れを補正していた『5軸手ぶれ補正』がさらに進化。5段分の補正性能を実現し、例えば補正なしの場合ISO3200で撮影しなければいけない場面で、日中と同じISO100での撮影が可能となります。

 

強力な手振れ補正は、ファインダーやライブビューの撮影時のフレーミングも安定させることができるため、正確なピント合わせにも役立ちます。

 

 

製品名 NewOM-D E-M5 Mark II OM-D E-M5
ボディ内手振れ補正
ボディ内手振れ補正
手振れ補正方式 撮像センサーシフト式5軸手ぶれ補正
(角度ぶれ補正(ヨー、ピッチ)、シフトぶれ補正(上下、左右)、回転ぶれ補正)
撮像センサーシフト式5軸手ぶれ補正
(角度ぶれ補正(ヨー、ピッチ)、シフトぶれ補正(上下、左右)、回転ぶれ補正)
手ぶれ補正モード 4モード(S-I.S.AUTO、S-I.S.1、S-I.S.2、S-I.S.3)、OFF 3モード(I.S.1、I.S.2、I.S.3)、OFF
ファインダー像安定 可(シャッターボタン半押し/拡大操作で起動) 可(シャッターボタン半押しで起動)
焦点距離設定
手ぶれ補正効果 5.0段 4.0段
レンズ手ぶれ補正優先

 

ファインダー・モニターの仕様を比較する

olympus_E-M5_Mark2_vs_E-M5_2_4

モニタは104万ドット液晶パネルに変更。バリアングルで自分撮りも可能に

モニタはサイズこそ変更がありませんが約104万ドットの液晶パネルに変更されています。輝度調節機能も±2段階から±7段階に変更されより好みにカスタマイズできます。また、チルト液晶からバリアングル液晶に変更され、自分撮りも可能となっています。

 

ファインダーは約236万ドット、倍率が1.48x(35mm換算0.74x)と超大画面高精細化

ファインダー性能は、”E-M5″ の約144万ドット、ファインダー倍率1.15x(35mm換算0.58x)から、約236万ドット、ファインダー倍率1.48x(35mm換算0.74x)と超大画面高精細化!

 

自動調光機能の”キャッツアイコントロール”機能、カラーを好みに調節できる「カラークリエーター」機能も搭載しています。

 

製品名 NewOM-D E-M5 Mark II OM-D E-M5
モニタ仕様
モニタサイズ 3.0 inch 104 万ドット 3.0 inch 61 万ドット
3.0型2軸可動式液晶
約104万ドット(3:2)
静電容量方式タッチパネル
3.0型可動式有機ELモニター
約61万ドット(3:2)
静電容量方式タッチパネル
タッチ機能 タッチシャッター
タッチ拡大
AFエリア選択
AFエリア拡大/縮小
コマ送り/戻し
拡大再生
タッチライブガイド
タッチスーパーコンパネ
タッチアートメニュー
タッチシーンメニュー
Wi-Fi接続
自撮り用タッチボタン
タッチシャッター
タッチ拡大
タッチライブガイド
AFエリア選択
AFエリア拡大
コマ送り/戻し
拡大再生
タッチスーパーコンパネ
角度調整 バリアングル液晶
自分撮り位置でミラー表示
チルト液晶
上:約80度
下:約50度
輝度調整/色温度調整 ±7段階調節/±7段階調節 ±2段階調節/±3段階調節
発色設定 Vivid / Natural Vivid / Natural
ライブビュー
ライブビュー 露出補正反映
ホワイトバランス反映
階調反映
顔検出反映(最大8人)
罫線表示
拡大表示(3倍/5倍/7倍/10倍/14倍)
ヒストグラム
ハイライト&シャドー
水準器
LVブースト
LVブースト2
ライブデジタルシフト撮影
露出補正反映
ホワイトバランス反映
階調オート反映
顔検出反映(最大8人)
罫線表示
ヒストグラム
拡大表示(5倍/7倍/10倍/14倍)
水準器
LVブースト
プレビュー 可(プレビューロック機能あり)
ファインダー
ファインダー形式 EVF EVF
EVF アイレベル式液晶ビューファインダー 約236万ドット アイレベル式電子ビューファインダー 約144万ドット
ファインダー視野率(上下/左右) 100% x 100% 100% x 100%
ファインダー倍率 (35mm換算) 1.48 (0.74) 1.15 (0.58)
アイポイント
視度調整範囲
レンズ最終面から約21mm
(-1m-1時/
約-4~+2m-1)
レンズ最終面から約18mm
(-1m-1時/約-4~+2m-1)
プレビュー 可(ワンプッシュプレビューロック機能あり) ライブプレビュー機能ボタンで可能
罫線表示 罫線なし
方眼
黄金分割
目盛
対角線
動画罫線
罫線なし
方眼
黄金分割
目盛
対角線
動画罫線
水準器表示 2軸(水平方向・垂直方向)水準器 2軸(水平方向・垂直方向)水準器
ファインダースタイル 3種 3種
輝度調節/色温度調節 自動調光機能(キャッツアイコントロール)
±7段調整可能/±7段調整可能
±7段階調節可能/±7段階調節可能
ライブビューダイナミックレンジ拡大 HDR1、HDR2撮影時 に可能

 

サイズ・重量を比較する

サイズ・重さは若干大型化。バッテリーライフが減少も、低消費電力モードを搭載

olympus_E-M5_Mark2_vs_E-M5_1_1

ボディデザインも変更され、サイズは縦こそ小さくなりましたが、横、奥行が大きくなっています。重量は”E-M5″の373gから417gと重くなっています。

 

バッテリーは “E-M5” と同じものが使用されていますが、参考撮影枚数は360枚から310枚へと減少しました。その代わり”低消費電力モード”が搭載され、最大約750枚の撮影が可能となっています。

 

製品名 NewOM-D E-M5 Mark II OM-D E-M5
サイズ・重さ
サイズ(幅x高さx奥行き) 124 x 85 x 45 121 x 90 x 42
重さ 417 g 373 g
インターフェース USB2.0
AV出力
HDMI
USB2.0
AV出力
HDMI
電池/電池型番 BLN-1 BLN-1
参考撮影枚数 310
(低消費電力モード 約750枚)
360
対応記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
SDHCカード
SDカード
SDXCカード
RAW+JPEG同時記録

 

AF・自動露出機能を比較する

AFセンサーが進化!”E-M5″から約45%短縮した世界最短の撮影タイムラグ

“OM-D E-M5 Mark II” では、新FAST AFシステムとなり、”E-M5″から約45%短縮した世界最短の撮影タイムラグを謳います。またAF測距点数が35点から81点となり、より細かい部分へとピント調節が可能となっています。

 

フォーカスピーキングに、最大約70倍の『スーパースポットAF』も

olympus_E-M5_Mark2_vs_E-M5_2_6

マニュアルフォーカスや動画の撮影時に便利な『フォーカスピーキング』機能が搭載されました。『フォーカスピーキング』とは、ピントが合っている箇所のエッジが指定の色で表示され、視覚的にピント位置が分かるようになっています。AFではあまり必要がありませんが、とても便利な機能です。

 

olympus_E-M5_Mark2_vs_E-M5_2_5

拡大ライブビューは、最大14倍の表示ですが、『スーパースポットAF』は中心部分のみをAFポイントにする機能ですが最大約70倍のAFエリアでピント合わせが可能です。マクロ撮影時などに便利な機能です。

 

露出補正も±3EVから±5EVに、顔優先AFや瞳優先AFなどの便利なAF機能も引き続き搭載されています。

 

製品名 NewOM-D E-M5 Mark II OM-D E-M5
オートフォーカス
AF方式 ハイスピードイメージャAF
FAST AF(コントラストAF)
ハイスピードイメージャAF
FAST AF(コントラストAF)
AF測距点数 81点 35点
AF輝度検出範囲
AFエリア 81エリア
オールターゲット
シングルターゲット(標準サイズ/小サイズ選択可能)
グループターゲット(81点中9点)
35エリア
オールターゲット
シングルターゲット
グループターゲット(35点中9点)
AFモード シングルAF(S-AF)
コンティニュアス AF(C-AF)
マニュアルフォーカス(MF)
S-AF+MF
追尾AF(C-AF+TR)
シングルAF(S-AF)
コンティニュアスAF(C-AF)
マニュアルフォーカス(MF)
S-AF+MF
追尾AF(C-AF+TR)
フルタイムAF
AF補助光
タッチAF/シャッター
AFその他機能 フルタイムAF
拡大枠AF/拡大AF
800点以上の測距点選択が可能
拡大ボタンによるピント確認可能
拡大率:3倍/5倍/7倍/10倍(デフォルト)/14倍
スーパースポットAF(拡大AF時)
撮影画面の約0.16~0.02%の領域でピント合わせ可能
顔優先AF/瞳検出AF
フルタイムAF
拡大枠AF/拡大AF
800点以上の測距点選択が可能
拡大ボタンによる拡大ピント確認可(オールドレンズ*も可)
拡大率:5倍/7倍/10倍(初期設定)/14倍
顔優先AF/瞳検出AF
MFアシスト フォーカスリングの操作により拡大表示/ピーキング表示されます。(S-AF+MF、MFモード時) フォーカスリングの操作により拡大表示されます(S-AF+MF、MFモード時)
ピーキング機能 可 (色:白、黒、赤、黄/レベル:強、標準、弱/背景の輝度調整:有、無)
自動露出機能
測光方式 324分割デジタルESP測光 324分割デジタルESP測光
測光モード 324分割デジタルESP測光
中央部重点平均測光
スポット測光
スポット測光ハイライト/シャドー
324分割デジタルESP測光
中央部重点平均測光
スポット測光
スポット測光 ハイライト
シャドーコントロール
測光範囲 EV -2-20(17mmF2.8、ISO100相当) EV 0~20(17mm F2.8、ISO100相当)
露出補正 ±5 EV (1/3、 1/2、 1 EV ステップ選択可能)※ライブビュー反映、動画、HDRは±3EVまで ±3EV(1/3、1/2、1EVステップ選択可能)-
ブラケット
AEブラケット 2、3、5コマ(0.3、0.7、1EVステップ選択可能)、7コマ(0.3、0.7EVステップ選択可能) 2、3、5コマ(0.3、0.7、1EVステップ選択可能)、7コマ(0.3、0.7EVステップ選択可能)
ISOブラケット 3コマ(0.3、0.7、1EVステップ選択可能) 3コマ(0.3、0.7、1EVステップ選択可能)
ホワイトバランスブラケット 3コマ(A-B軸、G-M軸) 各2、4、6ステップで選択可能 3コマ(A-B軸、G-M軸) 各2、4、6ステップで選択可能
フラッシュブラケット 3コマ(0.3、0.7、1EVステップ選択可能) 3コマ(0.3、0.7、1EVステップ選択可能)
アートフィルターブラケット i-Finish、Vivid、Natural、Flat、Portrait、モノトーン、カスタム、アートフィルター 選択可能 i-Finish、Vivid、Natural、Flat、Portrait、モノトーン、カスタム、アートフィルター選択可能

 

動画性能を比較する

フルHD60pに対応、5軸手振れ補正+電子手振れ補正が超強力!

動画性能も大きく進化着実に進化。フルHD60p、50Mbpsを超える高ビットレートに対応し、動画撮影時の手振れ補正は5段の『5軸手振れ補正』に加えて、『電子手振れ補正』を合わせた機能を搭載。手持ちでの動画撮影を協力にサポートします。

 

 

ピーキング、タイムラプス動画、HDMIモニタリングスルーに対応

また、動画撮影時に便利なピーキング機能、タイムラプス動画や、動画の基本機能として、タイムコード記録、外付けカメラグリップを装着することで、ヘッドフォン端子の拡張。さらにはリアルタイムに出力する『HDMIモニタリングスルー』に対応するなど機能が充実しています。

 

製品情報
製品名 NewOM-D E-M5 Mark II OM-D E-M5
動画仕様
動画記録サイズ/フレームレート ■1920×1080
-MOV[60p/50p:ALL-I]
-MOV[30p/25p/24p:ALL-I/IPB]
■1280×720
-MOV[60p/50p/30p/25p/24p:ALL-I/IPB]
-AVI[30p]
■640×480
-AVI[30p]

[MOV] 約29分
[AVI] HD:約7分/ SD:約14分

1920×1080 [30p]
1280×720 [30p]
640×480
■記録時間
最長22(1080/ファイン)、29(1080/ノーマル)分
AEロック
タイムラプス動画 可(AVI Motion JPEG 1280×720、10fps)
動画撮影時手ぶれ補正 M-IS1(撮像センサーシフト式&電子式 手ぶれ補正によるマルチモーションIS)
M-IS2(撮像センサーシフト式によるマルチモーションIS)
内蔵式(撮像センサーシフト式手ぶれ補正)
1モード(I.S.1のみ)
グリッド表示/ピーキング表示 可(4種)/可(4色)
HDMIモニタリングスルー
ファイル形式 MOV
AVI
MOV
AVI
圧縮方式 MPEG-4AVC
H.264
MotionJPEG
MPEG-4AVC/H.264
MotionJPEG
音声
マイク/スピーカー 内蔵ステレオマイク
内蔵モノラルスピーカー
内蔵ステレオマイク
内蔵モノラルスピーカー
マイク機能 風切り音低減、録音レベル調整、マイク入力リミッター 静止画に音声アフレコ可(最長30秒) 風切り音低減、録音レベル調整、静止画に音声アフレコ化(最長30秒)
音声記録形式 Waveフォーマット準拠(ステレオリニアPCM/16bit、サンプリング周波数48kHz) WAVEフォーマット準拠(ステレオリニアPCM/16bitサンプリング周波数48kHz)

 

その他の機能を比較する

Wi-fiを搭載。スマートフォンなどとの連携が強化されました

新たにWi-fiが搭載され、スマートフォンやタブレットとの連携が強化されました。撮ったその場で写真や動画をシェアできるようになり、また「OLYMPUS Image Share」アプリでのリモート撮影にも対応し、カメラ間でのデータ転送も可能です。

 

製品名 NewOM-D E-M5 Mark II OM-D E-M5
その他機能
ピクチャーモード i-FINISH、 Vivid、 Natural、 Flat、 Portrait、 モノトーン、 カスタム、 eポートレート、 カラークリエーター、アートフィルター i-FINISH、Vivid、Natural、Flat、Portrait、モノトーン、カスタム、アートフィルター
アートフィルター ポップアート(I、II / a、b、c、d、e、f)
ファンタジックフォーカス (- / c、e)
デイドリーム(I、II / a、b、c、d、f)
ライトトーン(- / d、f)
ラフモノクローム(I、II / b、c、d、g、h)
トイフォト(I、II、III / d)
ジオラマ(I、II / d)
クロスプロセス(I、II / b、c、d、f)
ジェントルセピア(- / a、b、c、d、f)
ドラマチックトーン(I / b、c、d、e、f)(II / b、c、d、e、f、g、h)
リーニュ クレール(I、II / a、b、c、d、e)
ウォーターカラー(I、II / a、b、c、d)
ヴィンテージ(I、II、III / a、b、c、d、e、f、i )
パートカラー(I、II、III / a、b、c、d、e、f)
ポップアート(Ⅰ、Ⅱ)
ファンタジックフォーカス
デイドリーム(Ⅰ、Ⅱ)
ライトトーン

ラフモノクローム(Ⅰ、Ⅱ)
トイフォト(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ)
ジオラマ
クロスプロセス(Ⅰ、Ⅱ)
ジェントルセピア
ドラマチックトーン(Ⅰ、Ⅱ)
リーニュクレール(Ⅰ、Ⅱ)

アートエフェクト a. ソフトフォーカス効果
b. ピンホール効果
c. ホワイトエッジ効果
d. フレーム効果
e. スターライト効果
f. ぼかし効果(上下、左右)
g. フィルター効果(無し、黄、オレンジ、赤、緑)
h. 調色効果(無し、セピア、青、紫、緑)
i. シェード効果(上下、左右)
ソフトフォーカス効果
ピンホール効果
ホワイトエッジ効果
フレーム効果
スターライト効果
HDR(自動合成) HDR1(写真調)、HDR2(絵画調)
HDRブラケット 3コマ、5コマ(2.0、3.0EVステップ選択可能)7コマ(2.0EVステップ)
防塵/防滴
ゴミ取り機構
内蔵ストロボ
バルブ撮影
Wi-Fi

 

OM-D E-M5 Mark II、OM-D E-M5 を画像で比較する

olympus_E-M5_Mark2_vs_E-M5_1_1

正面

コンセプトに変更はありませんが、グリップやボタン位置などデザインが大きく変更されています。左下に新たに『プレビューボタン』が搭載され、絞りの状況などの確認が容易なっています。

 

olympus_E-M5_Mark2_vs_E-M5_2

背面

縦横に稼働するチルト液晶から、横に開くバリアングル液晶に変更されています。また、軍艦部で若干なで肩のデザインだったのが直線的になっています。

 

olympus_E-M5_Mark2_vs_E-M5_3

上部

上部でも形状が多く変更されています。カスタムできるFnボタンが3つ搭載されているのも大きな特長です。また、ボタンのカラーもシルバーになっています。

 

olympus_E-M5_Mark2_vs_E-M5_4

側面

グリップが手に合わせた形状となるなど、若干厚みのあるボディとなっています。

 

以下参考サイトになります。

 

Q "OM-D E-M5 Mark II" は欲しいですか?

ひとことあればお願いします!※ひとことはなくても投稿できます

こちらの内容でよろしければチェックを入れてください。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterでフォローしよう!


カメラなぜなにアンケート

週間人気ランキング

投稿された人気の写真
2017-10-12

絶景ドライブ

湧き上がる雲海をバックに絶景ドライブ。
日本一のダート長を誇る、剣山スーパー林道。
ジムニーだけでなく、オフ車が全国から走行しにやってきます。
2017-10-3

アケボノツツジ紅葉

初投稿です。
ぼちぼちとマイペースでやっていきますので、よろしくお願いします。

剣山スーパー林道沿いのアケボノツツジ。
例年より半月ほど早く染まりました。
2017-10-16

あったか気分

肌寒い夜なので 大輪のDahliaをアップしてみました♪
2017-10-17

錦絵

槍戸山の紅葉は1700m付近まで下りてきました。
ダケカンバやブナの黄色、カエデの赤、松とモミの緑、
文字通り、錦の紅葉の世界。

槍戸山(1824.6m)
2017-10-14

ふんわりピンク

2017-10-4

阿寒湖

霧で何にも見れませんでしたが、とっても幻想的でした。
2017-10-11

20170917 美瑛 青池

手前のススキたちが
ちと邪魔だったり…
2017-10-11

20171008 広島県福山市 鞆の浦

iPhone写真の構図と映りが良かったです

JR西日本乗り放題きっぷで
富山(北陸新幹線)→金沢(サンダーバード)→新大阪(のぞみ)→小倉
小倉→福山 鞆の浦観光
福山→新神戸 甲東園へ寄り道
甲東園→奈良
奈良ゴール
JR 1,443.9km
私鉄 38.2km
バス 28km
トータル 1,510.1kmの旅でした

2017-10-15

睡蓮

日光浴で気持ちがいいのかな?
2017-10-17

2017-10-7

Dramatic Sunset

2017-10-8

雲の上の鳥居

ホントは海の上なんですけどね。 スローシャッターで 雲っぽく表現できました。
この日は霧が濃く残念ながら朝日は拝めませんでしたが、荒々らしい波を使って世界感を演出しました。
#神磯 #大洗
「かしゃっと。」で投稿された写真をもっとみる
現在ベータ公開中です。
ご要望、不具合等ございましたらこちらよりお問い合わせください。