SynologyのNASが「Amazon Primeフォト」への自動バックアップに対応したのでDS215jで試してみた。

synology_cloudsync_02_2

全国の写真の好きの皆様こんにちは。

 

秋も深まり、日々写真の撮影に勤しんでいるかと思いますが、しっかり写真のバックアップは行っていますでしょうか?

 

今回は私が愛用しているSynologyのNASが、「Amazon Prime フォト」への自動バックアップに対応したので試してみたお話です。

 

スポンサーリンク

 

NASって何??

150316_P1110846

そもそもNASってなんだいって言う方には、

大まかにですが、LAN接続によってネットワークを通じてアクセスできる外付けHDDのことです。

 

昨今のNASはスペックが劇的に向上し、管理しやすいグラフィカルなOS(Windows、Mac OSのようなもの)が組み込まれ、アプリをインストールすることでNASに様々な機能を持たせることができるようになっています。

 

今回はその機能の一つを使う形になります。

 

ちなみに私が使用しているNASはSynologyさんの「Diskstation DS215j」というモデルです。

すでに「DS216j」という後継機がでいますので、今から購入するならこちらのモデルがコストパフォーマンスが高いのでオススメです。

 

「Synology」というメーカー

2000年に創業の台湾のNAS専門メーカーです。

下記でも書かれていますが、日本で人気の高い「QNAP」さんより老舗のNASメーカーさんです。

私自身1年半程稼働させ、メンテナンスのために数ヶ月に一度、再起動をしていますが稼働中は一度もフリーズといったトラブルもなく安定して稼働しております。

 

Amazon Primeフォトって何??

Amazon Prime会員なら誰でも使用でき、JPEGのみならず、RAWファイルも無制限にクラウド上に保存することが可能になり話題となったサービスです。

 

そんな最強サービスの問題点と今回の解決策

ただ、その脅威のサービス内容とは裏腹に、バックアップ作業に時間がかかりすぎることが問題でした。

 

ただでさえRAWファイルはファイルサイズが大きいです。

そのためインターネット上にバックアップするためには、10GBのデータでも下手すれば数時間。その間PCでをつけっぱなしにしなければなりません。

 

今回はその部分をNASが補ってくれるので、時間的にも、電気代的にも、パソコンの負担的にもいいことづくめとなります。

 

とりあえず使ってみる。

そんなこんなでとりあえず使ってみます。

NASのセットアップは全て終えているので、必要なアプリのインストールから設定、アップロードまでやっていきます。

 

必要なアプリをインストールする

synology_cloudsync_01

NASへの接続を行い、「パッケージセンター」を開き、「Cloud Sync」をインストールします。

 

見慣れないこの画面はなんなの?

となると思いますが、それはさっき言ったようにNASに搭載されたOSに、日常的に使用するChrome、Safariといったブラウザからアクセスした画面です。

 

最近のNASはグラフィカルなUIを搭載しているので非常に簡単に設定できます。

 

synology_cloudsync_02

「Cloud Sync」アプリのインストールが終わったら早速設定画面が出てきます。

他にも多様なストレージに対応していますが今回は「Amazon Drive」を選択します。

 

synology_cloudsync_03

Amazonアカウントの認証画面が出てきますのでいつもの情報を入力します。

 

初期設定を行う

synology_cloudsync_04

認証が成功したら設定を行っていきます。さくさくですね。

 

synology_cloudsync_07

ここで「どの」フォルダを「どこ」に「どんな条件」でバックアップするかを設定します。

 

同期の条件は

  • [双方向] : Amazonクラウド側で削除すると、NAS側も削除される
  • [遠隔での変更のみダウンロードする] : Amazon Drive側をメインに使用し、Amazon Drive側にアップロードされればダウンロードする。
  • [ローカルでの変更のみアップロードする] : NASに保存・変更したファイルをAmazon Driveにアップロードする。

 

バックアップ用途で使用するのであれば「ローカルでの変更のみアップロードする」。にチェックしましょう。

 

synology_cloudsync_05

フォルダの選択もこのような形でツリーから選択できるので楽ちんですね。

 

synology_cloudsync_08

設定が終われば「適用」ボタンを…の前に、「詳細設定」を開きます。

 

詳細設定で同期するフォルダ、ファイルを設定する

synology_cloudsync_09

詳細設定で、

「同期フォルダ」を選択し、

「ファイルフィルタ」で「画像」のみにチェックを残し、他の項目は外しておきます。

 

ここで「画像」以外のファイルをバックアップの対象としてしまうと、無料制限外になってしまうので注意です。

 

synology_cloudsync_10

これで設定完了です!

 

後は保存した先から勝手に全ファイルのバックアップが行われ、パソコンをわざわざ開いていなくても24時間せっせとアップロードを行ってくれます!手軽に最強のバックアップ環境が揃いました!

 

今回のまとめ

今回のNASからのバックアップに関しては若干敷居の高いものになってしまいましたがそれだけの価値はあると思います。

 

自宅でより確実にバックアップを行うのであれば、複数のHDDで冗長化をおこない、停電対策に無停電電源装置を買って…。などキリがないと思います。おかんにコンセントを抜かれてデータが飛んでしまった日には目も当てられませんね。

 

そんな時に信頼の厚いAmazonのクラウド上にバックアップがあれば、コンセントを引っこ抜かれる心配がないのでこれ以上に頼もしい環境はないかと思います。大切なファイルだからこそ、2重、3重でバックアップをとっておきたいものですね。

 

 

あとはAmazon先生がPrimeフォトのサービスをやめなければいいのですが…。

 

スポンサーリンク

その他の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カメラなぜなにアンケート

現在ベータ公開中です。
ご要望、不具合等ございましたらこちらよりお問い合わせください。