SynologyのNASが「Amazon Primeフォト」への自動バックアップに対応したのでDS215jで試してみたら最高すぎた。

  1. 2016.11.21

synology_cloudsync_02_2

全国の写真の好きの皆様こんにちは。

秋も深まり、日々写真の撮影に勤しんでいるかと思いますがしっかり写真のバックアップは行っていますでしょうか?被写体との出会いは一期一会。不意な出来事で写真がなくなってしまえば心にぽっかりとした穴が空いてしまいます。そんなことにならないように写真のバックアップはしっかり行っていきたいですね。

そんなこんなで、今回は私が愛用しているSynologyのNASが「Amazon プライムフォト」への自動バックアップに対応したので試してみたお話です。

NASって何??

150316_P1110846

そもそもNASってなんだいって言う方にはちょっと説明を。

すごく大まかにですが、NASはLAN接続によってネットワークを通じてアクセスすることができる外付けHDDのことです。

昨今のNASはスペックが劇的に向上し、管理しやすいグラフィカルなOS(Windows、Mac OSのようなもの)が組み込まれ、アプリをインストールすることでNASに様々な機能を持たせることができるようになっているプチパソコンになっています。

今回はその機能の一つを使っていく形になります。

ちなみに私が使用しているNASはSynologyさんの「Diskstation DS215j」というモデルです。

すでに「DS216j」という後継機がでいますので、今から購入するならこちらのモデルがコストパフォーマンスが高いのでオススメですね。

 

「Synology」というメーカー

2000年に創業の台湾のNAS専門メーカーです。

下記でも書かれていますが、日本で人気の高い「QNAP」さんより老舗のNASメーカーさんです。

私自身1年半程稼働させ、メンテナンスのために数ヶ月に一度、再起動をしていますが稼働中は一度もフリーズといったトラブルもなく安定して稼働しております。

 

Amazonプライムフォトって何??

Amazoプライム会員なら誰でも使用することができ、JPEGのみならずRAWファイルも無制限にクラウド上に保存することが可能な最強のオンラインストレージです。

 

そんな最強サービスの問題点と今回の解決策

ただ、その脅威のサービス内容とは裏腹に、インターネット上に写真を保存するため、バックアップに時間がかかりすぎることが問題でした。

ただでさえRAWファイルはファイルサイズが大きいです。

そのためインターネット上にバックアップするためには、10GBのデータでも下手すれば数時間。その間PCをつけっぱなしにしなければなりません。

今回はその部分をNASが補ってくれるので、時間的にも、電気代的にも、パソコンの負担的にもいいことづくめの内容になります。

 

とりあえず使ってみる。

そんなこんなでとりあえず使っていきましょう。

NASのセットアップは全て終えているので、必要なアプリのインストールから設定、アップロードまでやっていきます。

 

必要なアプリをインストールする

synology_cloudsync_01

NASへの接続を行い、「パッケージセンター」を開き、「Cloud Sync」をインストールします。

見慣れないこの画面はなんなの?

となると思いますが、それはさっき言ったようにNASに搭載されたOSの画面です。日常的に使用するChrome、Safariといったブラウザから直接アクセスした画面です。

最近のNASはグラフィカルなUIを搭載しているので非常に簡単に設定をすることができます。

synology_cloudsync_02

「Cloud Sync」アプリのインストールが終わったら設定画面が出てきます。他にも多様なストレージに対応していますが今回は「Amazon Drive」を選択します。

 

synology_cloudsync_03

Amazonアカウントの認証画面が出てきますのでいつもの情報を入力しましょう。

 

初期設定を行う

synology_cloudsync_04

認証が成功したら設定を行っていきます。さくさくですね。

 

synology_cloudsync_07

ここで「どの」フォルダを「どこ」に「どんな条件」でバックアップを行うのか設定します。

同期の条件は

  • [双方向] : Amazonクラウド側で削除すると、NAS側も削除される
  • [遠隔での変更のみダウンロードする] : Amazon Drive側をメインに使用し、Amazon Drive側にアップロードされればダウンロードする。
  • [ローカルでの変更のみアップロードする] : NASに保存・変更したファイルをAmazon Driveにアップロードする。

バックアップ用途で使用するのであれば「ローカルでの変更のみアップロードする」。にチェックしましょう。

「双方向」にチェックを入れた場合、NAS内のファイルを削除すればAmazonクラウド上のデータも削除されてしまいます。それだとバックアップにならないですね。

 

synology_cloudsync_05

フォルダの選択もこのような形でツリーから選択できるので楽ちんです。

 

synology_cloudsync_08

設定が終われば「適用」ボタンを…の前に、「詳細設定」を開きます。

 

詳細設定で同期するフォルダ、ファイルを設定する

synology_cloudsync_09

詳細設定を開いたら、

同期フォルダ」を選択し、

ファイルフィルタ」で「画像」のみにチェックを残し、他の項目は外しておきます。

ここで「画像」以外のファイルをバックアップの対象としてしまうと、その他のファイルもアップロードが行われ、無料制限外になってしまうので注意が必要です。

 

synology_cloudsync_10

これで設定完了です!

後は保存した先から勝手に全ファイルのバックアップが行われ、パソコンをわざわざ開いていなくても24時間せっせとアップロードを行ってくれます!手軽に最強のバックアップ環境が揃いました!

 

今回のまとめ

今回のNASからのバックアップに関しては若干敷居の高いものになってしまいましたがそれだけの価値はあると思います。

自宅でより確実にバックアップを行うのであれば、複数のHDDで冗長化をおこない、停電対策に無停電電源装置を買って…。などキリがないと思います。おかんにコンセントを抜かれてデータが飛んでしまった日には目も当てられませんね。

そんな時に信頼の厚いAmazonのクラウド上にバックアップがあれば、コンセントを引っこ抜かれる心配がないのでこれ以上に頼もしい環境はないかと思います。大切なファイルだからこそ、2重、3重でバックアップをとっておきたいものですね。

 

あとはAmazon先生がプライムフォトのサービスをやめなければいいのですが…。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterでフォローしよう!


カメラなぜなにアンケート

週間人気ランキング

投稿された人気の写真

2018年もよろしくお願いいたします。

新年あけましておめでとうございます!
今年の初日の出はちょっと遠出をして大洗磯前神社の神磯の鳥居で撮ってきました。
心配していた天候にも恵まれ、荒ぶる波が逆にドラマチックな幸先の良い初日の出が撮れました!
本年も宜しくお願い致します‼️

#初日の出 #大洗 #大洗磯前神社

静寂

キーンと冷えた空気の中、暫く待っていたら東の空が明るくなってきました。
星たちも姿を消し、主役交代の途中です。

初めてこの場所に訪れました。 イメージに近い写真を撮ることができて満足です
2017-12-30

ダルマ朝日

12月に入ってから平日の朝は毎朝撮影に通いました。
今シーズンは寒気が強く、綺麗なダルマ朝日は片手で数えるくらいしか見れませんでした。

@木岐漁港

ではみなさま、良いお年を~!
2017-12-29

冬の日本海

良いお年をお迎え下さい。

当サービスの運営を開始してから早くも1年がすぎました。
機能の実装が追いついていない状況が続いておりますが、サービスを続けていけるのもいつも投稿頂いている方、閲覧されている方のお陰でございます。この場を借りて感謝申し上げます。

来年もいい写真ライフが送れますよう。皆様よいお年をお迎えください。

雪山。今年は雪が多いかも。

2018-1-2

ベタ踏坂とスーパームーン

2018-1-2

金言寺

2018-1-2

サンライズ出雲

2018-1-2

スーパームーン。月末には皆既月食ですね。(x2テレコン)

2018-1-5

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

明けましておめでとうございます!

「かしゃっと。」で投稿された写真をもっとみる
現在ベータ公開中です。
ご要望、不具合等ございましたらこちらよりお問い合わせください。