Amazonの最安値と価格変動が確認出来るChromeの拡張機能「Keepa - Amazon Price Tracker」

  1. 2017.12.11

Amazonプライムデー、ブラックフライデー 、サイバーマンデーなど、季節の節目に行われるお得なAmazonセール。管理人も毎回掘り出し物を見つけにえっちらおっちら参戦しています。

あまりに多くの商品がセールとなっていますが、中には価格的に?と思う商品を見かけた方も多いかと思います。Amazon内の商品は刻一刻と値段が変動するため、以前見た時ときよりも値段が上がっていたり、セールに見せかけて以外と安くないセール品も含まれていたりします。

セールの紹介記事を書いている手前もありますので、出来るだけお得に買い物をしてもらいたく、今回はAmazon販売商品の価格変動が一目瞭然となる、お買い物をする時に便利な拡張機能「Keepa – Amazon Price Tracker」を紹介していきたいと思います。

Amazonの最低価格、価格変動が分かる拡張機能「Keepa – Amazon Price Tracker」

Amazonな方々は、もうこの画像を見ていただけば変化がおわかりかと思います。

というかもう赤枠を付けてしまったのですぐにわかりますね。これが価格変動が一目瞭然となるスーパーなグラフになります。

グラフを確認するだけなら特にアカウントを登録する必要がなく、導入方法も「拡張機能」を入れるだけ。簡単なので是非入れておきましょう!

 

拡張機能をインストール

導入方法は非常に簡単で「Google Chrome」又は各ブラウザに対応した拡張機能を導入するだけです。

「Google Chrome」をお使いの方は、以下のページにアクセスして、「右上」のボタンを押しインストールを行いましょう。設定はこれだけです!

Firefox、Opera、Edgeは公式サイトのリンクを貼っておくので以下より。

 

インストールが終わったら、なんでもいいのでアマゾンのページにアクセスします。すると商品画像の下に見慣れぬグラフが現れているはずです!

 

「Keepa – Amazon Price Tracker」を使ってみる。



デフォルトの画面では、直近三ヶ月の価格変動のグラフを確認することができ、それぞれ色によって、

  • オレンジ : Amazon販売の価格の推移
  • 薄紫 :マーケットプレイスの新品価格の推移
  • 黒:中古価格の推移

といった形で視覚化されています。

どうでしょうか?グラフを見るだけでもここ3ヶ月で随分と価格が変動しているのが分かると思います。

 

期間別に表示することができる


この「Keepa – Amazon Price Tracker」は販売期間別のログを簡単に確認することができます。
赤枠の期間はそれぞれ、

  • 1日
  • 1週間
  • 1ヶ月
  • 3ヶ月
  • 1年間
  • 全期間

となっており、選択することで期間を変更して確認することができます。

これを見ることで、頻繁にセールが行われているのか、セール期間中だけ通常価格が上がっているのか、在庫がなくなって値段が跳ね上がっているんじゃないか、などのチェックを行うことができます。

 

全期間

全期間を確認すると、緩やかに値段が上昇しているのが分かりますね。そしてぽつぽつタイムセールによる値下げが行われています。狙い目はやはりタイムセールということが分かります。

 

マウスを乗せることで詳細な価格情報が確認できる

グラフの中に様々な要素が描かれていますが、そのそれぞれにマウスを乗せることで詳細を確認できますね。

 

右側のラベルにマウスを載せることで、そのラベルの情報がクローズアップされて表示されます。これでセール毎にどれだけ下がっているのかなどを確認することができます。

 

最低価格、統計情報も

最新のアップデート時間や、いままでの最低価格、平均価格などの統計情報も確認することができます。

 

初期設定も変えられるので、確認してみてください。

 

指定した価格になったらお知らせする機能も

「Keepa – Amazon Price Tracker」には目標の価格になったら「通知」する機能も備えています。

その商品に対して購入したい目標価格を設定することで、目標価格より安くなるとメールやSNSから通知してくれます。こちらも登録は不要のサービスです。

 

登録を促さないのになんでこんな素晴らしいサービスが無料だと逆に勘ぐりたくなる私ですが、恐らくこのサービスの肝(サービス側の)はこの「商品のトラッキング」です。ここで指定の価格になった時にメールなりSNSなりでリンクを送り、そこから購入に繋げることで収益を上げているのだと思います。逆に一安心です。

 

例えば

今回タイムセールの対象になった「TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP 70-200mm F2.8 Di VC USD キヤノン用」。

1年間で確認すると、新型レンズが出ているので確かに安くはなっていますが、いままでの最安値はそれでも新品69,800円でした。それが今回のタイムセールで55,400円で販売されたので圧倒的なお得商品ですね。黒色のグラフは中古価格です。

 

お次はこれ。いつも購入しているSDカードを買い足したいなぁ。とセールだしせっかくなので確認してみましたら値段が随分上がっていました。

今回の価格は¥ 2,780から15%引きでの販売ですが、私が購入した去年の価格は¥ 1,880。1年で1,000円近く値上げしていますね。しょうがない部分でもありますが、ちょっとセンチな気持ちになってしまいます。

ちなみにこの異常に下がっている紫(マーケットプレイス)の新品価格は、恐らく一時期のマーケットプレイス乗っ取り騒ぎの時期の価格だと思います。基本的に黄色のAmazon価格を確認しましょう。

 

スマートフォンから簡単に使えない?

Amazon依存症にとっては最高のサービスですが、残念ながらスマートフォンアプリは出ておりません。

年がら年中パソコンの前に張り付くわけには行かないので、スマートフォンやタブレットでも簡単に確認したいところですね。

 

といったわけで、次回はiOSから簡単に確認する方法をやっていきたいと思います。iOSの「Workflow」という作業自動化アプリを使用するのでAndroidな方はごめんなさいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterでフォローしよう!


カメラなぜなにアンケート

週間人気ランキング

ご要望、不具合報告、まとめページのリンクについてはこちらよりお問い合わせください。