写真の共有がさらに便利になった「Googleフォト(2016)」のすすめ。共有機能と便利な使い方を紹介します

160608_googlephoto_00

用法用量を正しく守れば、ほぼ無制限で写真を記録できる「Googleフォト」。

リリースからすでに1年ほど経過していますが、こつこついろいろな機能がアップデートされていることはお気づきでしょうか??

 

今回はすでに使っている方や、使ってない方にも便利さを伝えられるように「Googleフォト」の2016年現在での変更点や、共有機能について紹介していければと思います。

 

 

まずは手始めに、

最初のリリース(2015年)から変更されている主な点

共有機能の大幅強化。コメント機能、他のユーザーからの写真アップロードに対応

160608_googlephoto_10

一番大きく変わったのは共有機能かと思います。

リリース当初の共有機能はしょっぱいもので、共有した相手に写真を見てもらうことしかできませんでした。共有なのにアップロードもコメントをすることもできず、ただ見せるためだけのツールでした。

 

それが現在では、「コメント機能」がようやく追加され、他のユーザーからの「写真のアップロード」機能(要Googleアカウント)も実装されています。

 

ある程度どんな環境でもさくさくレスポンスのGoogleフォトのおかげで写真共有の敷居はぐっと下がったかと思います。

 

ストーリー機能とアルバム機能が統合

160706_googlephoto_05

以前まではアップロードした写真を自動でまとめてくれる「ストーリー」機能があったんですが、現在はアルバム機能に統合されています。

 

「ストーリー」機能では、いままではほぼ自動でその日だったり、日がまたいでも旅行の写真がまとまっていたものが廃止され、全て手動になりました。

 

160706_googlephoto_04

まだまだ荒削りの機能ですが、アルバムには簡易的な地図やテキストを埋め込むことができます。旅行の写真のまとめに非常に便利です。

 

確かに勝手にまとめてしまうと、ストーリーとアルバムが混在されてしまい管理的にも煩雑になってしまっていましたのでシンプルに管理できる現在の状態のほうが使い勝手はいいと思います。

 

アカウントの切り替えが簡単に

160706_googlephoto_01_

これは個人で一つのアカウントで運用されている方には関係ないのですが、私のように個人、ブログ、企業アカウントなどなど、複数のアカウントを持っていた場合に非常に有用な進化です。

 

個人で使用する方には特に必要のない機能なので詳細を省きますが、各アカウント毎にGoogleフォトの機能を利用できるのはサイト管理者にとってとても便利な追加機能です!

 

他にも細かい機能がいつのまにか変更、修正されています。「Googleフォト」を使ってはみたけど合わなかった方など、もう一度使ってみると幸せになれるかもしれませんので是非お試しください!

 

Googleフォトを便利に使ってみる

Goolgeフォトをデスクトップアプリ風に一発で開けるようにする [Chrome限定]

いきなりGoogleフォトの機能ではありませんが…。

 

GoogleフォトはいわゆるIE、Chrome、Firefoxといった「インターネットブラウザ」と呼ばれるアプリケーションの中で動いているため、通常の手順だと

1.ブラウザを開く

2.Googleフォトを開く

かと思います。この時点で正直開くのがめんどくさくなりがちです。

 

そこで使う前にやっておきたいことが、「Chrome」の機能を利用して「Googleフォト」をデスクトップアプリ風に登録し、ショートカット一発で開いてしまいましょうといったことです。

 

やったことがない方は、なんのこっちゃとなると思いますので、まずは適当なサイトでもいいのでやってみましょう。

 

Chromeブラウザを使ったことがない方は下記から

 

 

1. Chromeのメニューボタンを押す

160706_googlephoto_10

まずは簡単にアクセスしたサイトを開いてChlomeの「メニュー」を開きます。

 

2. その他のツール → デスクトップに追加

160706_googlephoto_11

その他のツール」→「デスクトップに追加」をクリックして行きましょう。

 

3. 「ウィンドウとして開く」にチェック →  「追加」

160706_googlephoto_12

忘れずに「ウィンドウとして開く」にチェックを入れ、「追加」ボタンを押して完了です。

 

これでデスクトップにショートカットが追加されているので、自分がアクセスしやすい場所に置いておきましょう。私はタスクバーに固定しています。

 

160706_googlephoto_13

作ったアイコンからサイトを開けば、この様な感じでChromeのメニューバーがない単独のウィンドウとして開くことができるようになります。

 

あとはGoogleフォトにアップロード、使うだけ

160608_googlephoto_08

Googleフォトは、ブラウザに写真をドラッグするだけでアップロードすることができるので、簡単にアクセスできるようにしておけばアップロードもさくさくです。

 

写真を追加すればそのままアルバムにできますので簡単に管理することができます!

 

注意点として、あくまでデスクトップアプリ風に単独のウィンドウで立ち上がるだけなので、インターネット環境がなければ画像を表示することができません。

 

スマートフォンの場合

「Googleフォト」アプリをインストールするだけ

 

共有機能を使ってみよう

さて、次に便利な共有機能について紹介していきます。

 

1. 共有したいアルバムを開いて「共有ボタン」をクリック

160706_googlephoto_21

共有したいアルバムを開き、右上の「共有」ボタンをクリックします。

 

1. 「リンク」を取得をクリック

160706_googlephoto_22

共有方法は何個かありますが、ここでは最も簡単な「リンクを取得」ボタンをクリックします。

クリックすればリンクが作成され、それを教えるだけで共有できるようになります!

 

「リンクを取得」にしておけば、リンクを知っている人だけが見ることができる状態になるので比較的安心だと思います。

 

3. 共有完了!作成したリンクを教えましょう

160706_googlephoto_23

リンクを作成したら、URLが表示されますので、そのURLを共有したい方に送りましょう。

 

また、自分以外の方に写真をアップロードしてもらいたい場合は、上の赤枠「他のユーザーに写真の追加を許可する」にチェックをいれましょう。

 

アップロード方法は変わらず、写真をドラッグするだけで簡単に行えます!

 

これで共有は一旦完了です!

 

共有方法の変更、共有をやめたいときは「共有オプション」から

160706_googlephoto_24

共有したけど共有をやめたいな。といった場合には「その他のオプション」ボタンから「共有オプション」を開きます。

 

共有したいアルバムを開いて「共有ボタン」をクリック

160706_googlephoto_25

「共有」ボタンをオフにすれば共有を解除することができます。

 

また、参加メンバーの管理もここで行えます。

 

アルバムを編集する時は

160706_googlephoto_26

写真の順番などを変更したい場合、「その他のオプション」ボタンから「アルバムの編集」を開けば変更することができます。

 

スマートフォンの場合

「Googleフォト」アプリで同様のことが可能です

 

160706_googlephoto_27

Googleフォトのアプリを入れておけば、何かあった場合に通知が出るので便利ですね!

 

下記にお試しで共有したアルバムを置いておきますので、気軽に試してみてください!

 

 

どういうシチュエーションでGoogleフォトを利用しているか

簡単なバックアップに、スマートフォンでの閲覧をスムーズに

以前にも書きましたが、Googleフォトは完全なデータをバックアップするサービスではありません。

アップロードされた段階でGoogleがその写真に応じて最適に、最小サイズで画質が保たれるぎりぎりまで圧縮します。閲覧時にも液晶の解像度に応じて最適化された写真を読み込むので閲覧がとてもスムーズです。

 

 

スマートフォンに写真を送るときに、パソコンに写真を送るとき

PCで処理した写真をスマートフォンに送るとき。

スマートフォンで保存した写真をパソコンに送るとき。

 

写真の共有をだれとでもかんたんに

先にも述べましたが、Google フォトは共有機能が大分強化され、リリース直後ではできなかった「自分以外の人のアップロード」「コメント」などができるようになっています。

 

結婚式の写真を共有したい場合に、アルバムを作っておけば、動画も写真も一緒くたにタイムライン上に並べ、他の人が撮影した写真も一緒にアップロードしてもらえるので非常に便利です!(なんでもかんでも入れてしまうと管理が煩雑になりますが…。)

 

自分以外の人に「写真のアップロード」や「コメント」をしてもらうためには、各自にGoogleのアカウントを用意してもらわなければなりませんが、写真の閲覧だけではアカウントは必要ありません。

 

さらには同じタイムライン上で動画の共有も可能です。動画共有のベースはYoutubeなため、大きい動画をアップしていても閲覧する環境に自動に合わせてくれます。

 

また、「テキスト」「地図」「ルート」「場所」などを写真の途中で挿入できるため、旅の記録なども簡単にまとめることができます。

 

 

 

といった点を踏まえて、誰にでも易しい共有環境を作ることができるの非常に大きなポイントかと思います!

環境を選ばず、写真と動画を合わせた共有環境を作るには、現状でベストな選択肢だと思います。

 

 

まだまだ不満なこと

  • レイティング機能がない
  • 日付、年、月で簡単に検索ができない
  • 編集時に写真をまとめて移動ができない
  • 新着順。古い順などの並べ替えの指定できない
  • 編集状態で間違えてアルバムから削除してしまった時に戻す機能がない

 

といった部分など、細かい部分をみるとまだまだかゆいところに手が届いていない部分もありますね

 

今回のまとめ

今回は簡単に使う方法と、共有機能をメインに紹介していきました。

特に共有機能に関しては私がいままで求めていた、そこそこな見た目、デバイスに左右されにくい、軽量さくさく、誰でもアップロードができる、コメント機能、といった部分がようやく網羅されたのかなと思っています。

 

一度慣れてしまえば使い方は非常に簡単なので、ぜひ一度体験してみてください!

 

 

 

 

 

もくじ

Q "Googleフォト" の記事は参考になりましたか?

ひとことあればお願いします!※ひとことはなくても投稿できます

こちらの内容でよろしければチェックを入れてください。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterでフォローしよう!
その他の記事

カメラなぜなにアンケート

週間人気ランキング

投稿された人気の写真
2017-6-12

乱舞

ヒメボタルを撮りに行ってきました。
2017-6-23

番傘灯り

2017-6-17

melty blue

青が滲みだす。
_
#本光寺 #紫陽花
2017-6-21

雨粒

今日の雨は凄まじかったですね。
外仕事の私、カッパ着ても無意味でした。
でも雨上がりのしっとり澄んだ空気はスキです(*´꒳`*)
2017-6-20

赤坂見附交差点 光の川

赤坂見附の交差点に光跡を撮りに行ってきましたー
ベルボンのULTREKとRX100は通勤カバンへ忍び込ませることができ、帰宅途中の寄り道で遊ぶことができます。
便利ですね。

#赤坂見附 #光跡 #夜景
2017-6-14

繋がる灯り

2017-6-19

アピールタイム

近くに雛がいっぱいいてそこらじゅうでツバメの親たちが行ったり来たりしてるのに、自分の親が餌を取って戻って来たときだけ鳴くんですね。
初めて知りました。
2017-6-21

絵画のような。。

カフェ窓。お気に入りのお店です..まだオープンしてないけど(笑) プレオープンで行って来ました(^O^)/
2017-6-21

夕暮れ、水田リフレクション

2017-6-24

ライトトレイル

赤坂見附の交差点です。 交通量も多いので面白い光跡写真を撮ることができます。
#赤坂見附 #夜景 #光跡
2017-6-16

紫陽花に蝸牛

梅雨時の定番。
「かしゃっと。」で投稿された写真をもっとみる
現在ベータ公開中です。
ご要望、不具合等ございましたらこちらよりお問い合わせください。