写真の基礎をしっかり勉強できる「Shaw Academy」の写真講座「フォトグラフィー基礎コース」をおすすめしてみる。

  • 2017.05.13

ブログを読んでいるみなさまは写真の技術をどこで習いましたか?

学校、セミナー、書籍、動画、インターネット、など様々だと思いますがしっかり体系立てつつ0から10までしっかり学びましたでしょうか?

 

今回はそこでドキッとした方、カメラを始めたばかりの方、思うような写真が撮れない方、独学でやってきて基礎を学びたい方におすすめの「Shaw academy」さんのオンラインライブレッスン写真講座「フォトグラフィー基礎コース」のご紹介です。

 

なんだか書けば書くほど怪しい内容に思えてきましたが、紹介する理由は、実際私が受講してみて、この写真講座はためになるなと実感したからです。今なら無料で受講できるのでウィンドウを閉じずに一読してみてください!

 

 

Shaw academyってどんな会社?

「shawacademy」は2012年にアイルランドで設立され、約4年で全世界900,000人以上の受講生を輩出するまで成長したライブ配信型のオンラインレッスンで世界No.1のシェアを誇っている会社です。

 

私も聞いたことがなかったので日本ではあまり馴染みがないのかなとは思いますが日本での展開は2015年5月から始まった比較的新しいサービスです。

 

日本語はもちろん世界7カ国語で双方向型のオンラインライブレッスンを行っています。

 

 

どんなコースをやってるの?

現在写真に関係するコースは

  • フォトグラフィー基礎コース
  • フォトグラフィー上級コース
  • Photoshopコース

の3つのコースが開催されており、今後「ウェディングフォトグラフィー」講座が準備中のようです。

 

海外では「スマートフォンフォトグラフィー」「ビデオ」「Lightroom」などもっとたくさんのコースが用意されているので、どしどし参加すれば日本でも開催されるかもしれませんね。

 

 

「双方向型のオンラインライブレッスン」ってなに?

「Shaw Academy」さんの特長は「双方向型のオンラインライブレッスン」。

 

それってなんなの?

ってなると思いますので、まずは以下を見ていただければちょっとだけ分かってくると思います。

 

 

チャットボックスの搭載された専用のアプリから、リアルタイムに配信されるスライドを見つつ、講師が丁寧に解説を行ってくれます。

 

その場で質問ができる

「双方向型」なので、途中質問タイムを挟んだり、質問を投げかけて学習できているかの確認をとってくれたり、ただの動画での解説で終わるのではなく、しっかり学んだことを考えることが必要になってくるレッスンです。

 

講義内容は、写真の種類、カメラの構造やその歴史、基本操作、構図の基礎と考え方などなど、小手先のテクニックだけではなく、写真の本質的な部分から、基礎コースとはいえしっかり深く掘り下げて学習することができます。

 

ペースは早いですがプロカメラマンの分かりやすい解説と、1時間の講義のあとにはQ&Aの時間もとってくれ、受講中分からなくても詳しく回答してくれます。

 

メールでも回答してくれる

ライブレッスンに参加できなかった。どうしても分からないことがあったら、メールで質問することもできます。

 

せっかく参加するのであれば疑問は解消しておきたいですね!

 

体系立てて、しっかり基礎を勉強できる

インターネットに掲載されているマニュアルなども多くありますが、大体が散在し、必要な知識をその時に仕入れてくるだけなので小手先のテクニックになりがちです。

 

体系立てて0から勉強することで、偏りなく知識を吸収できることになり、結果上達につながりやすくなります。

 

PC、スマートフォン、タブレットから受講できる

PC、スマートフォン、タブレットから専用のアプリをダウンロードして受講することができます。

 

自身のスタイルに合わせて受講できるのも続けやすいポイントですね!

 

マイページから見逃したビデオ録画でいつでも学習できる

どうしてもライブレッスンの日は用事があって参加ができない場合でも、マイページからビデオ録画を視聴することができ、次回の講義までに予習しておくことができます。

 

復習クイズや、資料集も

さらには講義内容の復習クイズなども公開されるので、どれだけ学習できているかチェックすることもできます。

 

 

セミナーが苦手な人こそ受けて欲しい

正直、セミナーとか教室とか、そういった類の場所が苦手な私です。

さらにオンラインレッスンにも抵抗があり(どこで勉強してたんだろう。)、最初はものすごく疑心暗鬼でしたが、受講してみてすぐにその考えが変わりました笑。

 

このレッスンは、基本的に見るのも見ないのも自由ですし、ライブで見るのも動画でも見るのも自由なので時間に縛られないのもメリットだと思います。

 

ただ録画だけだと既存のサービスと変わりませんね。

私も半分は録画での視聴になってしまっていますが、ライブレッスンの受講時は他の受講生も一緒に受けている、というちょうどいい緊張感などがあって集中して取り組めます。

 

緊張感がありつつ、こちらの声は聞こえないのでリラックスしながら自分のペースで学習できるのも教室やセミナーにはない利点だと思います。

 

「Shaw academy」の「フォトグラフィー基礎コース」を勧めたい人

  • 写真をこれから始める人
  • 写真を始めたけど思うような写真が撮れない人
  • これまで独学で勉強してきたけど基礎を学びたい人
  • 教室に行ってレッスンを受けるのが苦手な人
  • 上級コースを受講したいけど、お金を払う前にどんな雰囲気なのかつかみたい

などなどです。

 

私はこれまでほぼ独学で写真を撮ってきましたので、意外と細かい部分が抜けていたり、歴史について分かっていなかったり、写真についての考え方だったり、今回のレッスンは大変勉強になっています。

 

そうでなくても、同じ「構図」の知識でも人によって解釈や伝え方が変わるので、いろんな方向から情報を取得して損はないかと思います。

 

「フォトグラフィー基礎コース」ではどんなレッスンを受けられるの?

「フォトグラフィー基礎コース」では以下のレッスンが受けられます。

  • Lesson 1: 写真とは何か?
  • Lesson 2: カメラ機能の神秘
  • Lesson 3: 光を取り込む
  • Lesson 4: 動きと深度
  • Lesson 5: 構図
  • Lesson 6: 構図(アドバンス)
  • Lesson 7: どれくらいの光が必要なのか?
  • Lesson 8: マニュアルモード シャッタースピードと露出について
  • Lesson 9: 光の色:ホワイトバランス +フォーカス
  • Lesson 10: デジタルイメージ

 

1時間のレッスンを月水金の週に3回、1ヶ月に渡って行われます。

月水はライブレッスン。

金曜日は動画のみのレッスン。

「フォトグラフィー基礎コース」は8回のライブレッスンと、2回の動画レッスンになっています。

 

内容は

  • 様々な写真スタイル
  • カメラの種類
  • カメラの機能
  • 人間の目VSカメラ
  • レンズの種類
  • カメラはどのように動くのか?
  • 動きをシャッタースピードでコントロールする
  • 深度を絞りでコントロールする
  • 構図の基礎
  • 構図のテクニック
  • 視覚の一貫性
  • 露出計
  • 光を知る
  • 露出補正
  • マニュアルモード
  • マニュアルモードでシャッタースピードと絞りを変える
  • マニュアルモードで光を計る
  • ISO感度
  • 色温度/ホワイトバランス
  • ピント/フォーカス
  • 画像解像度
  • ファイル形式
  • 画像編集ソフトウェアを知る

 

これを一ヶ月の間に押し込めるのでなかなかの情報量です。一度見逃してしまうと次が大変になりますので継続していくことが大事ですね。

 

 

講義はこんな感じ

その日のお題が出され、Shaw AcademyのFacebookページに受講生が撮影した写真を投稿してその日の1枚を選ぶ「Photo of the day」も楽しいコーナーです。

 

登録から受講の流れ

登録する

「かめらと。」専用の登録ページを作って頂きました!

 

ここから登録すれば通常 59,000円?がいまのところ無料で受講できます。

後で壺でも買わされるんじゃいないの?って思う価格で逆に怪しいですが真っ当なサービスです。

 

私も5月の講義に早速参加してみましたが、充実すぎる内容で講義内容からすれば正直お得すぎるプランです。ぜひぜひこの機会に登録してみてください!

 

 

受講の流れ

PC、スマートフォン、タブレットから専用のアプリをダウンロードして用意しておく

事前に届くメールに記載されていますが、指定のアプリをインストールしておくとスムーズです。

私もここでちょっとめんどくさいなと思ってしまったのですが、インストールしたら起動する必要も設定も特に必要ありませんので安心してください。

 

当日に届くメールのリンクをクリックする

当日に届くレッスンの案内メールにアプリにログインするリンクが張ってあります。

パソコンでもスマートフォンでも、それをクリックすればアプリが自動的に立ち上がりレッスンにログインされます。

 

受講開始!

レッスンスタートです!

 

今回のまとめ

海外のサービスだし、専用のアプリのダウンロードが必要だったり、私自身最初はものすごく警戒していましたが、いざ実際受講してみるとなんで敬遠していたのか分からないほど楽しいレッスンでした。

 

このレッスンを受けたからといって写真が上手くなるわけではありませんが、写真をむやみやたらに撮れば写真が上手くなるわけでもありません。

知識を得つつ、理解して技術に昇華するのが一番の上達の道なので、バランスがとても大事だと思います。

 

小手先のテクニックだけではなく、写真の本質的な勉強をしっかりできるのでカメラを勉強したい方にぜひぜひおすすめのレッスンです!

 

 

次回のコース1回目のレッスンは5月29の月曜日から!

気になった方はぜひ登録してみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterでフォローしよう!
その他の記事

カメラなぜなにアンケート

週間人気ランキング

投稿された人気の写真
2017-6-12

乱舞

ヒメボタルを撮りに行ってきました。
2017-6-23

番傘灯り

2017-6-17

melty blue

青が滲みだす。
_
#本光寺 #紫陽花
2017-6-21

雨粒

今日の雨は凄まじかったですね。
外仕事の私、カッパ着ても無意味でした。
でも雨上がりのしっとり澄んだ空気はスキです(*´꒳`*)
2017-6-20

赤坂見附交差点 光の川

赤坂見附の交差点に光跡を撮りに行ってきましたー
ベルボンのULTREKとRX100は通勤カバンへ忍び込ませることができ、帰宅途中の寄り道で遊ぶことができます。
便利ですね。

#赤坂見附 #光跡 #夜景
2017-6-14

繋がる灯り

2017-6-19

アピールタイム

近くに雛がいっぱいいてそこらじゅうでツバメの親たちが行ったり来たりしてるのに、自分の親が餌を取って戻って来たときだけ鳴くんですね。
初めて知りました。
2017-6-21

絵画のような。。

カフェ窓。お気に入りのお店です..まだオープンしてないけど(笑) プレオープンで行って来ました(^O^)/
2017-6-21

夕暮れ、水田リフレクション

2017-6-24

ライトトレイル

赤坂見附の交差点です。 交通量も多いので面白い光跡写真を撮ることができます。
#赤坂見附 #夜景 #光跡
2017-6-16

紫陽花に蝸牛

梅雨時の定番。
「かしゃっと。」で投稿された写真をもっとみる
現在ベータ公開中です。
ご要望、不具合等ございましたらこちらよりお問い合わせください。