開成町あじさいまつり。あじさいの里で田園風景とあじさいを撮ってきました。

神奈川県のあじさい撮影スポット

以前から行きたいと思っていたあじさいの里。神奈川県の開成町へあじさいまつりに行ってきました。

開成町あじさいまつりの会期は6/9(土)~6/17(日)までの1週間程と短い期間。なかなか予定が合わずで、行ってきましたと言っても出掛けの帰りにちょちょっと寄った形になってしまいましたが思った以上に素敵なところでした。

X-T20, FUJINON XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 18mm, 1/34秒, ƒ/8, ISO1600

田んぼの脇には地元の方々や里親などのボランティアにより、一株一株手間暇かけて育てられた5,000株ものあじさいが植えられています。田んぼとあじさいの組み合わせはなかなか見られない光景ですが、田植えが終わった田園風景と色とりどりの鮮やかなあじさいがとてもきれいでした。

 

あじさいと言えば木陰なイメージがあり、こういった開放的な場所で花を咲かせているのは珍しいんじゃないでしょうか?太陽の光を遮るものがないので、育てるのもなかなか大変なのかと思います。

 

あじさいの里の立て札が。カエルが乗ったかわいい看板です。

 

 

 

「カタツムリになる1日。」がキャッチコピー。ところどころにベンチも置かれているので、脚を止めてのんびり見て回ることができます。

 

時間もすでに17:00頃。観光客はほとんどおらず、地元の方々が犬の散歩やランニングをしていたり。

 

この日のカメラはX-T20とXF18-55mmF2.8-4 R LM OISのズームレンズ、XF35mmF1.4 RとニコンのAi Af 85mm 1.8Dを持っていきました。結局ズームレンズを使った撮影が多いので写真を撮りながら構成を見直そうかと悩んだり。

 

時間も遅かったのでイベントは終わっていましたがこの郷弁が気になりすぎました。

メイン会場から少し離れた「岡野あじさいの里」。面積は狭いですがたんぼとたんぼの間にびっしりと咲くあじさいが印象的でした。雨の日のあじさいもとても素敵ですが、ここは晴れた日にPLフィルターを使って青空を反射させたらすごいきれいなんだろうなぁ。とか悶々と考えます。

 

たまにゲコゲコしているのでどこにいるのかなと目を凝らしてようやく発見です。すんごくかわいいアマガエルがあじさいの上に乗っていました。

 

ニコンのAI AF Nikkor 85mm f/1.8Dで撮影。f/1.4Dはポートレートレンズとして超有名なレンズ。比べてあまり聞かないf/1.8Dですが、開放からシャープに使えてボケも優しく好きな一本です。加えてコンパクトに収まるのでX-T20にもマッチします。

 

 

この日の設定はマイブームのPRO Neg. Stdを使ったカスタム設定です。黒つぶれがしにくく、発色も自然なのでいろんなシチュエーションで試しています。ようやく一つのカスタム設定が煮詰まってきました。

 

そんなこんなで「開成町あじさいまつり」を楽しんできました。ほんの少しだけ寄る形になってしまいましたが、周辺にもまだまだ見どころがあるようなので来年はしっかり遊びにきたいと思います。近くにはアサヒビールの工場があるようなので電車で訪れるとまた違った楽しみ方ができるかもしれません。

 

スポット情報

スポンサーリンク

ブログの更新情報はこちらで配信してます!

follow us in feedly
ご要望、不具合報告、まとめページのリンクについてはこちらよりお問い合わせください。