とうとう購入してしまった人生初のXマウント「FUJIFILM X-T20」。

 

富士フイルムのカメラは「X100」とコンデジの「XF-1」を使ったことがありますがレンズ交換式はこれが初めて。

 

「Nikon D750」はほぼ全てを満たしていますがフルサイズ故にちょっと重い。気軽に行きたい旅行では大きすぎる。

「Panasonic GX-7」はコンパクトで素晴らしいですが、夜景撮影や長秒露光時のノイズなど、ふとした時の画質がもの足りない。Lightroomで現像すればいいですがRAWからの画作りがやや大変。

 

そんなことを悶々と考えつつヨドバシに通っていたら「FUJIFILM X-T20」を購入してしまいました。

 

 

FUJIFILM X-T20

なんといってもこのクラシックな外観が富士フイルムのカメラの特長でしょうか。

 

昨今のクラシックカメラブームで、各メーカーでも古いカメラ風なデザインが多く採用されていますが、全体的な質感は富士フイルムが一つ抜けている印象です。

 

別にデジタルカメラをわざわざ古いデザインにする必要があるのかって話しではありますが、やっぱりクラシックなデザインってかっこいいですよね。

 

カメラが好きなのか、写真が好きなのか。

大きなテーマだと思いますが、私は写真も好きだし、カメラとレンズを並べているだけでもにやついてしまいます。撮っていても、触っていても、眺めていても楽しいカメラがいいんだなと改めて感じます。

 

 

X-pro2、X-T2ときて、X-T20は上から三番目。X-Tシリーズの小型モデルです。

一時は上位モデルのX-T2にしようかと悩んでいたのですが、ヨドバシに通いつめても大きさとグリップがイマイチ私の手に合わず、防塵防滴の堅牢さは魅力ですが、雨に中に突っ込んで行ったりと、そんなハードな環境で撮るわけでもないのでよりコンパクトさを求めてみました。

 

 

丸型ファインダーがたまらない

富士フイルムのEVFは「丸型」ファインダーを採用しています。

 

機能面では、高精細でクリアな約236万ドット、視野率100%、倍率0.62倍の有機ELファインダーです。

X-T2はドット数こそ同じものの、倍率はでたらめな大きさの0.77倍。D750のファインダー倍率が約0.7倍。やや見劣りするもののピントの山も掴みやすく明るく見やすいファインダーです(メガネだと4隅がややケラれます)。

 

 

この後ろから見たフォルムがたまりませんね。

 

ニコン機を使っていてニコンの上位モデルが丸型だから好き。

といった訳ではなく、単純に形として丸型な見た目のファインダーが好きなんです。

 

 

軍艦部のデザインがたまらない

X-T20は左から

  • ストロボレバー
  • モード切り替えダイアル
  • シャッタースピードダイアル
  • オートレバー
  • シャッターボタン
  • ファンクションボタン
  • 露出補正ダイアル

になっています。

 

メカメカしいダイヤルがこれまたたまりませんね。

 

 

ズームしてみると富士フイルムの拘りがよく分かります。

ダイアルの数字は刻印で刻まれ、ヘアライン、ローレット加工が施されています。

 

 

前面の「X-T20」が刻印になっているので、カバーの文字全てを刻印にしてほしかったのはわがままでしょうか。

 

関係ないですが「軍艦部」でいいんだっけ?っと調べていたら引っかかった下記のブログが面白かったです。

 

 

前面をみてみる

前面をみるとこんな感じです

 

左上から

  • フロントコマンドダイアル
  • AF補助光

 

左下から

  • レンズ着脱ボタン
  • AF/MF切り替えレバー

 

X-T20のボディは天面と底面にマグネシウム合金が使われています。

 

それ以外の黒い部分は、写真で見ると背面と前面の素材が同じように見えますが、背面はシボ革風のプラスチック、前面と背面の親指がかかるグリップ部分がシボ革風のラバー素材になっています。

 

 

着脱ボタンはレンズ左下。

 

慣れの問題ですが、私が所有しているニコン、パナソニック(調べてみるとキヤノン、ソニー、オリンパス)と逆の位置になっているので、現在も取り外しに迷っています。

 

 

右下にはAF/MFを切り替えるレバーが。

 

マウントアダプターを使った操作の場合「M」にしておかなければ「ピーキング」などが機能しないため、よく使う切り替えレバーです。

 

 

X-T2にはない部分でフラッシュが内蔵されています。

 

ガイドナンバーは5なのでおまけ程度の発光量。それでもあると意外と重宝します。

 

 

背面をみてみる

背面はこんな感じです。

 

液晶の上側、左から

  • 削除ボタン
  • 写真のプレビューボタン
  • 視度調整ダイアル
  • ビューモードの変更ボタン
  • AE-L(ファンクション)
  • リアコマンドダイアル(プッシュで拡大プレビュー)
  • AF-L(ファンクション)

 

「AE-L」「AF-L」ボタンも機能を変更できるので比較的自由度は高いカメラです。

前後のコマンドダイアルはそれぞれ「絞り」「シャッタースピード」が変更でき、両方のダイアルとも押し込みことでファンクションボタンとして動作します。

 

十字キーは直接「フォーカスセレクト」にするか、それぞれ独立したファンクションボタンにするか変更することができますね。私は「フォーカスセレクト」に設定し、「マイメニュー」にISO感度、ホワイトバランス、カラーシミュレーションを登録しています。

 

X-100Fについている「フォーカスレバー」が搭載されていればもっと最高だったと思います。

 

 

機能面を見てみる

せっかく搭載されたタッチパネルがやや微妙

タッチパネルも最適化されているとは言い難く、使える機能は

  • タッチシャッター
  • タッチAF
  • AFポイントの変更
  • 再生時の選択

などの最低限。

 

個人的にGX-7で重宝していた「タッチパッドAF(ファインダーを覗いてる時にタッチパネルを触るとフォーカスポイントをぐりぐり移動できる便利機能)」が搭載されていないのが非常に残念な部分です。

 

さらには、背面液晶右上に「タッチパッドモード」の切り替えボタンがあり、意図した時には押しにくいのに、ふとした時にいつのまにかタッチしてしまいモードが切り替わることがあるので表示をオフにして、「マイメニュー」から切り替えるようにしています。

 

とはいえローポジションなどの限定的な撮影では非常に便利で欠かせない機能の一つです。

 

 

ミラーレスならではの便利さを求めるなら、パナソニックなどの家電メーカーの方が精錬されていますが、いままでタッチパッドが搭載されていなかったことを考えるとようやく追いついてきたと思います。富士フイルムはファームウェアのバージョンアップで仕様を変更することもあるので今後の対応に期待ですね。

※これを書いていたら最新ファームウエアが発表されました!新しく発売されるX-E3と共にX-T20が「タッチパッドAF」に対応するようです!

 

 

チルト液晶は必須

個人的になくてはならないのがチルト液晶。

いままで所有したカメラはほぼ液晶が稼働するタイプを使用しています。

 

ローポジションからの撮影にも便利ですが、

私の場合アイレベルまで届かないトラベル三脚や地面に置くミニ三脚を使うことが多く、その場合にどうしてもカメラが目線より下になるためチルト液晶が必須なのです。

 

 

メカシャッターと電子シャッターの両方使えるのが便利

ミラーレス機のいいところはメカシャッターよりも高速にシャッターが切れる「電子シャッター」を搭載しているところです。

 

X-T2の電子シャッターは1/32000秒

シャッターの設定を

  • メカ+電子シャッター

にしておけば、通常時には1/4000秒まで使えるメカシャッターで撮影し、それ以上に高速なシャッターを切る必要があるシーンでは自動的に電子シャッターに切り替わります。

 

NDフィルターが必要になってくる、日中のf/1.4などの明るいレンズを使っての撮影。特にX-T2はISO感度の下限がISO200に設定されているので、明るいシーンでシャッターが速くなってしまう所を補う重要な機能です。

 

 

 

モバイルバッテリーから充電できる

これも購入する動機の一つですが、X-T20はUSBからの充電に対応しています。

 

旅行に行く時など、カメラの充電器は意外とかさばって邪魔になり、コンセントの節約も含めて極力荷物を減らしたい場面に活躍します。

 

また、バッテリーの充電を忘れて出かけてしまった時でもモバイルバッテリーから充電することができるのは嬉しい仕様ですね。

 

 

フィルムライクな操作は楽しいが、やや癖がある

露出やシャッタースピードのダイアル操作は、デジタルに慣れきっている私にはとても新鮮でとっても楽しい操作です。

 

他のメーカーの操作と決定的に違うのがA、S、P、Mの各モードへの切り替えです。

A(絞り優先オート)にする場合は、SSダイアルを「A(オート)」に、

S(シャッタースピード優先オート)は、レンズの絞りを「A(オート)」に、

P(プログラムオート)は、SSダイアル、レンズの絞りを「A(オート)」に、

M(マニュアル)は、SSダイアル、レンズの絞りの両方をマニュアルに切り替えることで変更できます。

 

 

EVFと背面液晶の切り替えが約1秒とイマイチ

EVFとモニタを切り替えるアイセンサーの反応速度が2017年発売としては大分遅いです。

 

2013年発売のPanasonic GX-7より遅く、体感としてファインダーを覗いて約1秒、背面モニターに切り替わるのも約1秒ともっさり仕様です。

「消費電力」の項目から「ハイパフォーマンス」を設定することでやや切り替えを速くすることができますが、バッテリーの消費量がどの程度変わってくるのかがまだ調べきれておりません。

 

 

コンパクトさ故にグリップがイマイチ

私の手がやや大きい。

ということもありますが、コンパクトさ故にグリップ部への引っ掛かりが指先だけになり、グリップ感はあまり良くありません。

 

特に望遠レンズをつけた時の縦位置は、その軽さによりバランスが悪くなりますので、別途グリップかサムレストを装着しようと思っています。

 

 

画素数が大きい

個人的にいまいちな点はX-T10の約1,630万画素から進化した約2,430万画素の画素数です。

 

私の所有しているフルサイズセンサーを搭載したD750が有効画素数2432 万画素なのでほぼ同じ解像度になっています。

画素ピッチが狭くなるのもですが、画素数が多いとそれだけファイルサイズも肥大化するので、iPadへの転送や現像時にも影響します。

 

正直据え置きでも良かったんじゃないかと思っています。

 

 

ボディの大きさ

実際に並べて大きさを確認してみます。

 

Panasonic GX-7と並べたところ。

 

上から。

マイクロフォーサーズのGX-7とほぼ同じ大きさです。

 

GX-7のこの深いグリップが大きさの割りにかなり持ちやすくなっています。

 

D750、GX-7と比べてみると大きさがよりリアルに感じられると思います。

 

センサーサイズは確かに小さく、ミラー機構が省略されているミラーレス機なので当たり前ですが、縦、奥行きともD750とくらべて随分コンパクトですね。

 

全て本体のみの重量で、X-T20の本体質量は約333g、上位モデルのX-T2の本体質量は約457g、GX-7は約360g、D750が約750g。

購入してから気づきましたが、マイクロフォーサーズのGX-7より軽量なボディです。ずっしりとした重さも好きですが、ちょっとした撮影であれば軽いことは正義だと思います。

 

 

今回のまとめ

今回は、外観を中心をレビューしてみました。

 

デザイン面もさることながら、ダイアルを使った操作や色の設定に関しても「フィルムシミュレーション」といった形でフィルムライクに拘る富士フイルムの戦略は年々存在感が増しています。

 

細かい性能は劣っていても、フィルム時代に培った「色」、写ルンです。チェキなどの展開を見ても他のカメラメーカーが疎かにしていた「写真の体験」を重視しているように感じられ、そこが受けている要因の一つなのかと思います。

 

 

久し振りの新マウント。まだまだズームレンズが一本しかありませんが、こつこつと楽しみながら増やしていければと思っています!

 

 

 

スポンサーリンク

ブログの更新情報はこちらで配信してます!

follow us in feedly
投稿された人気の写真

夕焼け

なんだか随分久し振りに夕焼けを眺めた気がします。

#夕焼け
2017-9-8

雨上がりの東京

雨上がりのリフレクションを狙いに行ってきました。

秋桜

久しぶりに晴れの日に写真が撮れました!あっという間に秋ですね。

波紋

晴海埠頭

お台場方面から晴海埠頭方面を撮影しました。 暗くて気づきませんでしたが、 海側をみている人達が結構いるのね。

#お台場 #晴海埠頭

reflection

晴海埠頭での1枚。
カップルだらけでした。
2017-9-16

20170915 大雪山系旭岳

2017 紅葉がスタートしましたよ!

5年ぶりの離着陸訓練だとか。

あき風

最北の日本海岸です。
海からの風でまわる風車と揺れるススキ
爽やかです。
2017-9-10

呼んだ?

2017-9-11

曼珠沙華

暑さ寒さも彼岸まで。
秋風とともに、彼岸花が咲き始めました◟̆◞̆
2017-9-15

暮れる町並み

EOS 6DMarkⅡ
パノラマ撮影
「かしゃっと。」で投稿された写真をもっとみる
現在ベータ公開中です。
ご要望、不具合等ございましたらこちらよりお問い合わせください。