縦位置でも撮影できるアルカスイス互換クイックリリースプレート SUNWAYFOTO DPL-70 が便利

Sunwayfoto DPL-70

小型でコンパクトなカメラ機材が好きな私ですが、今回購入してみたのはSUNWAYFOTOさんの「DPL-70」というアルカスイス互換プレートです。Universal Vertical Shooting QR Plate と銘打たれた商品ですが、このプレートは一つあれば縦位置でも撮影できる優れもの。ギリギリまで荷物を減らしたいけど、縦位置でも撮影したいという欲求を見事にかなえてくれる、私の理想を越えたまさに欲しかったアイテムです。

 

 

SUNWAYFOTO DPL-70

この「SUNWAYFOTO DPL-70」は、一見すると通常のアルカスイス互換プレートと同じように見えますが、他と違うのはプレートの端に切られている特長的な「」です。この端に切られている斜めの溝がアルカスイス互換となっており、カメラを縦位置で固定することができるようになっています。

 

横でも縦でも使えるアルカスイス互換プレート

普段はもちろん横位置で固定することができますが、

 

アルカスイス互換の溝が切られているのでこんな形でカメラを縦位置で固定することができます。特にミニ三脚の場合ですが、自由雲台の機能を使って縦位置に固定すると、バランスが極端に偏ってしまうので三脚ごと倒れやすくなってしまいます。そんな時にこのプレートがあれば、横位置でセッティングしたままの状態で縦位置も使えるようになります。

 

雲台に取り付ける際は、こういった形でクランプの端っこで固定すれば重心を寄せることができるので安定します。自由雲台の縦位置を使った場合にくらべると構図の自由度も増しますね。カメラ自体に高さがあるものだと重心が偏って不安定になりそうなので取り付けるクランプの幅次第でしょうか。

 

30gと軽量、コンパクト

プレート自体が6mmと薄く作られており実測で30gと軽量です。

 

裏面お両端のネジは脱落防止ネジです。クランプを緩めた時に、このネジが引っかかってカメラが脱落しないようになっています。

 

 

端についている上下に可動できるパーツは「Anti-twist Flange」と説明がありました。恐らく望遠レンズの三脚座などに装着したときに角度がずれないようにうるためのものとか…?

カメラの三脚ネジ穴に装着時もカメラの角度がずれないように期待しましたが、後述の少し浮いてしまう問題やカメラの形状的に角が丸くなっているので、私のカメラでは引っかかりを上手く利用することができませんでした。

 

ネジが移動できる端からアルカスイス互換の溝までの距離が約53mmです。カメラの三脚ネジ穴からカメラの端までの距離が53mm以内であれば、このプレートが想定通りに使えると思います。公式サイトでは一眼レフを使ったイメージカットが使われていたので汎用的な設計になっているのではないでしょうか。 イメージカットではミラーレス一眼のCanon EOS Rが使われていました。ボディの幅が狭いミラーレスカメラなら使える設計になっていそうです。

 

簡易的なスライドプレートとしても使え、望遠レンズの安定化、マクロ撮影などミニ三脚のお供に

横ではなく、カメラに対して垂直に取り付けることで簡易的なスライドプレートとしても利用できます。

 

ミニ三脚だと不安定になりがちな長めのレンズでも、重心の位置を変えることができるのでバランスが取りやすくなります。

 

同様に前後に少しだけ動かすことができるのでマクロスライダーとして使用したり、縦位置の構図の確認もしやすくなるのでマクロ撮影にも使いやすいと思います。ミニ三脚と自撮り棒のようなものと組み合わせれば機動力のあるマクロ撮影環境が実現します。

 

気になるところ

端までシリコンラバーがないので浮いてしまう。

取り付けた状態で横から覗くとこんな感じで隙間が空いています。

スライド用のネジ穴が端っこまであり、シリコンラバーが取り付けられている位置が中途半端で、シリコンラバーよりも奥側にネジが行ってしまうために均等に力が加わらないのが斜めに付いてしまうのが原因だと思います。ここは改良をお願いしたいポイントですね…。

 

ネジが薄いので取り付け辛く、外し辛い

小型な機材の宿命ですが、プレートが薄型なので強度を確保するためか、取り付けネジの周辺がギリギリに作られてしまっています。そのたネジ周辺に指が入る余地がないので仮締めが非常に面倒です。

 

他のプレートではこういった指で締めるタイプのネジがあるので愛用していますが、これもノブが干渉してしまうので取り付ける事ができなくなっています。とても残念。コインか六角が必須な仕様です。

 

先程の斜めになってしまったりの事情や、ネジがプレートの端になるのでプレートがずれやすいくなっているのでやや強めに取り付けないといけません。ですがネジの頭が薄く、コインでの取り付けが少々大変なため、結局六角レンチが一番楽ちんでした。逆にプレート自体に六角レンチが取り付けられるようになっていたらグッドな気がします。

 

X-T2, FUJINON XF16-80mmF4 R OIS WR, 16mm, 10秒, ƒ/4, ISO800

縦位置で10秒ほど。ミニ三脚 Leofoto MT-03 との相性は抜群です。

 

X-T2, FUJINON XF16-80mmF4 R OIS WR, 16mm, 10秒, ƒ/4, ISO800

SUNWAYFOTO DPL-70は万人にはおすすめはできませんが、コンパクトで軽量な荷物で出かけたいけど、撮影は少しでも頑張りたい方におすすめできるアイテムです。カメラの機種に関わらず使える汎用的なプレートなので、L型プレートを購入するほどじゃないけど縦位置でも撮影してみたい。というお試しな方や、メインの機材のL型プレートは持っているけど、サブ機用には持っていない方なども重宝するのではないでしょうか。

取り付け辛いことや、プレートが浮いて斜めになってしまうなどちょっとした問題もありますが、個人的にコンセプトがとても好きな製品なのでとても愛用しているアイテムです。カメラライフの参考になれば幸いです。

 

※2020/11/21追記

こちらのDPL-70は、てっきりSUNWAYFOTOさんのオリジナルだと思っておりましたが、uniqballというハンガリーのメーカーの「IQUICK PLATE」がオリジナルのようです。公式サイトでは既に見つからなかったため海外通販サイトのlenscoatさんリンクを貼っておきます!

 

スポンサーリンク

ご要望、不具合報告、まとめページのリンクについてはこちらよりお問い合わせください。