私の常用標準レンズ「Nikon Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D」

Nikon Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D

不定期でやっていこうと思います、カメラやレンズ、その他機材の紹介企画。

第1回目はお気に入りの常用レンズ「Nikon Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D」を紹介してみたいと思います。

 

50mmという画角は「50mmに始まって50mmに終わる」と誰かが行っていたような気がする程ポピュラーかつ懐が深いレンズです。

 

「Nikon Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D」の特長はなんといっても開放F値1.4の明るさとそこからくるボケ。開放付近では癖もあり、良くも悪くも古さを感じる描写ですが、それが撮っていて非常に楽しいレンズです。

 

思えばこのレンズから絞りを変える楽しさを知り、さらなるレンズ沼にずぶずぶとはまって行きました。

 

 

レンズ構成は6群7枚、ダブルガウス型のシンプル仕様。

開放では甘く、ボケはダブルガウス型の特長である二重に、2段絞ればキリッと解像する良くあるレンズです。

 

周辺光量も多めでレトロな雰囲気とも相性のいい描写。

VSCOのフィルターアプリでフィルム風のフィルターを当ててみました。

 

約230gと計量なので、どこへいくにも必ず携帯する一本です。

 

 

開放で撮ればちょっとベールがかかたような適度な収差。

 

被写体によっては盛大に出たりと扱いはちょっと慣れが必要ですが、滲んだような描写が素敵です。

 

MFも良く使いますがピントリングは適度にスカスカ。

 

Ai-sレンズのようなぬめっとしたピントの滑らかさはありません。完全に主観になりますが、ちょっとひっかかりのある少し軽めの程よい硬さで細かいピントもほどよく調節できます。

 

細かい背景の場合、ボケが若干うるさくなるでしょうか。

写りすぎない開放なので、上手く使えばポートレートとしても使いやすいのかなと思います。

 

逆光気味に撮影すると程よいフレアが現れます。

現行レンズは収差やフレアを徹底的に押さえ込みますが、こういったレンズの「癖」を適度に楽しめるのもこのレンズのいいところだと思います。

 

すこし絞ってf/1.8。開放に比べればピント面は大分シャープになりましたが、まだまだ周辺の減光がたっぷりです。

 

最短撮影距離は0.45m。最大撮影倍率は0.14倍とあまり寄れるレンズではありませんね。

 

 

絞りに加え、撮影距離によってもころころ表情を変えるこのレンズ。

開放気味の近影は中々艶っぽい描写ではないでしょうか?

 

 

上がf/1.6、下がf/2.2で撮影した写真です。

ボケが潰れているのは、隅の方をトリミングしているため口径食で潰れています。

 

このレンズ。f/1.8までなら比較的きれいな丸ボケになりますが、f/2.0以降は玉ボケが七角形にカクカクしてきます。絞って撮影する時は気にかけておきたいポイントですね。

 

D750, Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D, 50mm, 1/100秒, ƒ/1.6, ISO450

収差の癖、周辺光量、ボケなどを考えると、私のおすすめはf/1.6~f/1.8でしょうか。大体この絞り値で撮影しています。

 

とはいいつつもf/5.6まで絞れば解像感はかなりのもの。画角は46°と目で見たものをちょうどよく切り取れます。

 

50mmで撮る風景が一番自然に見えて好きだったりします。

 

AFレンズなので咄嗟のスナップもお手の物。古いレンズを最新のボディが手助けしてくれますね。

 

いかにf/1.4の明るさがあるとはいえ、夜間ややや暗い場所で撮影する時はピントがあっているのか分かりづらいです。そんな時にAFがあると助かります。

 

難点はフルタイムマニュアルではないので、AFが一度決まったらそのままではピントの調整ができないことでしょうか。そのためカメラ本体の「AF/MF切り替え」が当たり前のように身につきました。

 

4、5m先にピントを合わせて、そこからなだらかにぼかして立体感を出す表現はフルサイズセンサーと大口径レンズならではですね。

 

イルミネーションを撮るならf/1.8まで。きれいな玉ボケになります。

 

 

f/11まで絞って長秒露光で遊んでみました。下に小さく見えますが光芒もとっても綺麗に現れるレンズです。

 

開放の滲みをどう使うかでこのレンズが分かれるのかなと偉そうに言ってみたり。

時々想像をしていない描写をしてくれるので、私自身まだまだ使い込みが足りませんね。

 

 

外観はこんな感じです。

 

金属ではなくエンジニアプラスチックの若干チープな外装ですが、逆に鞄に放り込んで使い倒したくなる、日常的なデザイン。勝手な思い込みですが現行のレンズよりこのDレンズのデザインの方が「ニコン」って感じがしていて好きなデザインです。

 

 

「Nikon Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D」は私としてもある意味原点のようなレンズ。これから先も様々なレンズを使うと思いますが、ずっと使い続けて行けたらなと思っています。

 

スポンサーリンク

  • ブログの更新情報はこちらで配信してます!

    follow us in feedly
Nikon
Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D

王子稲荷神社

東京タワーと夜の鯉のぼり

あやめと藤

ぺんぎん

Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D で撮影された写真をもっとみる
投稿された人気の写真
2017-6-12

乱舞

ヒメボタルを撮りに行ってきました。
2017-6-23

番傘灯り

2017-6-17

melty blue

青が滲みだす。
_
#本光寺 #紫陽花
2017-6-21

雨粒

今日の雨は凄まじかったですね。
外仕事の私、カッパ着ても無意味でした。
でも雨上がりのしっとり澄んだ空気はスキです(*´꒳`*)
2017-6-20

赤坂見附交差点 光の川

赤坂見附の交差点に光跡を撮りに行ってきましたー
ベルボンのULTREKとRX100は通勤カバンへ忍び込ませることができ、帰宅途中の寄り道で遊ぶことができます。
便利ですね。

#赤坂見附 #光跡 #夜景
2017-6-14

繋がる灯り

2017-6-19

アピールタイム

近くに雛がいっぱいいてそこらじゅうでツバメの親たちが行ったり来たりしてるのに、自分の親が餌を取って戻って来たときだけ鳴くんですね。
初めて知りました。
2017-6-21

絵画のような。。

カフェ窓。お気に入りのお店です..まだオープンしてないけど(笑) プレオープンで行って来ました(^O^)/
2017-6-21

夕暮れ、水田リフレクション

2017-6-24

ライトトレイル

赤坂見附の交差点です。 交通量も多いので面白い光跡写真を撮ることができます。
#赤坂見附 #夜景 #光跡
2017-6-16

紫陽花に蝸牛

梅雨時の定番。
「かしゃっと。」で投稿された写真をもっとみる
現在ベータ公開中です。
ご要望、不具合等ございましたらこちらよりお問い合わせください。